ソフトバンク、介護分野でのPepper活用に向けた実証実験を開始

 

ソフトバンクロボティクス、エヌ・デーソフトウェアは3日、人型ロボット「Pepper」と福祉業務支援ソフト「ほのぼのNEXT」を活用した高齢者介護における実証実験を、社会福祉法人セイワの協力の下、同日から5日まで行うと発表した。

Pepper

同実証実験では、異なる医療・介護システム間での情報交換を可能にする在宅医療・介護情報連携基盤を介して「ほのぼのNEXT」と連携した「Pepper」を活用。セイワが運営する福祉施設「幸風苑」の高齢者を対象に、それぞれの介護レベルに応じた服薬管理や体操などのレクリエーションを行う。

ソフトバンクロボティクスとエヌ・デーソフトウェアは、介護施設利用者が「Pepper」との交流により、どのような変化が現れるかに加え、「Pepper」が介護職員にとって有用な補助ツールとなり得るのか検証していくという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ
Webデザインの考え方を4分で体験できるサイト
[14:50 7/29] 企業IT