『X-MEN』新作、8月公開決定&予告公開! 最強の敵"アポカリプス"の姿明らかに

 

『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』の日本公開が8月に決定し、予告編とポスター画像が3日、公開された。これにより、本作の悪役・アポカリプスのビジュアルとストーリーの一部が明らかになった。

『X-MEN:アポカリプス』場面写真

本作の舞台は1983年。文明の誕生以前から"神"として君臨していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ます。人間の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、新たな秩序をもたらそうと、マグニートーら強力なミュータント4人"黙示録の4騎士"を率いる。ミスティーク、プロフェッサーX、サイクロップス、ストームら若きX-MENたちはその流れを危惧視し、最強の存在・アポカリプスをめぐるバトルへと発展。X-MEN結成の秘話も明らかになる。

ポスタービジュアル

史上最強のミュータント・アポカリプスに扮するのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でポー・ダメロンを演じたオスカー・アイザック。マグニートー役のマイケル・ファスベンダーや、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスも続投する。さらに、映像の最後には、エグゼビアに扮するジェームズ・マカヴォイがプロフェッサーXと同じような見た目で映し出される。監督は、シリーズの生みの親であるブライアン・シンガーだ。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』に続いてプロデューサーを務めるサイモン・キンバーグは、「シリーズの中で最大の作品になるよ。これまでにないような大胆な設定で、世界全体が破滅の危機にさらされるという物語なんだ。そして、シリーズ中最高の感動作になると思う」と自信の程を明かしている。


(c) 2016 MARVEL & Subs. (c) 2016 Twentieth Century Fox

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「孔明のヨメ。」6巻を記念して、杜康潤が新宿でサイン会
[13:32 7/2] ホビー
要潤、ナビゲーター初挑戦に「本当に光栄」
[13:00 7/2] エンタメ
[来週のとと姉ちゃん]第14週「常子、出版社を起こす」親友綾・阿部純子が再登場 新たな夢も
[13:00 7/2] エンタメ
安井謙太郎、「ヘタレの烙印」に困惑? 中山優馬のいじりにたじたじ
[13:00 7/2] エンタメ
要潤、初の番組ナビゲーターは「本当に光栄」お宝ハンターと対談も
[13:00 7/2] エンタメ

本音ランキング