生理中に気をつけていること1位は「漏れ」 ‐ 仕事中に漏れていた人も

 

アムタスはこのほど、「女性の悩みクリニック」会員200人を対象に行った「みんなどうしてる? イマドキ女子が実践している生理対策」の調査結果を発表した。調査時期は2015年12月。

生理前症候群で一番辛い症状

生理前症候群で一番つらい症状について尋ねたところ、「イライラする・怒りっぽくなる」(28%)が最も多かった。「彼氏にも八つ当たりしてしまう」「悪寒、頭痛、吐き気のオンパレードでその症状のせいでイライラする」「抑えきれない自分にもイライラ」などのコメントが寄せられた。そのほか「下腹部痛」「疲労・倦怠(けんたい)感」「眠くなる」なども多くなっている。

生理の時に気を付けていることについて聞くと、46%が「漏れ対策」と回答。「仕事中に漏れていた」といった失敗話のほか、「出血量が多いのでタンポンとナイト用を使う」「寝ているときの漏れが気になる。お尻の周りに汚れていいタオルを巻いて寝る」といった対策が挙げられている。

また、気を付けていることの2位は「痛みなど体調不良についての対策」だった。「夏でも腹巻き」「カイロを貼る」など冷やさないような対策のほか、「痛くなる前に薬を飲む」「貧血にならないようサプリメントを摂(と)る」などで予防を心がける人も多いようだ。

生理の時に気を付けていること

生理痛が重い時の対処法について尋ねると、58%が「薬にたよる」と答えた。2位は「カイロなどでカラダを温める」(16%)、3位が「寝る」(13%)となっている。

生理痛が重い時の対処法

同社では、過去にも「女性の悩みクリニック アンケート」など女性を対象とした調査を実施。同社ホームページのお知らせ一覧から確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル