スマホでの企業からの情報収集、過半数がLINEを使用

山本善之介  [2016/02/03]

ジャストシステムが2月2日に発表した「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」によると、スマートフォンのユーザーが、企業からのプロモーション情報などを収集する際に最もよく使っているのはLINEであり、LINEを企業からの情報収集に使っているユーザーの7割以上が何らかの公式アカウントとLINE上で友達になっているという。

同調査は、同社が1月21日・22日の両日に同社の自己回答型アンケート・システムである「Fastask(ファストアスク)」により、15~49歳の男女553人を対象に実施したもの。

それによると、スマートフォンのユーザーが、企業からプロモーションなどで発信する情報をスマートフォンで収集する際に最もよく使っているのは「LINE」の57.7%であり、以下「Webニュース/ニュース・アプリ」(36.9%)、「Twitter」(36.5%)が続く。SNSは、企業が発信する情報の収集にもよく利用しているようだと同社は見る。

企業からの公式情報をスマートフォンで確認する手段

LINEで企業からの情報を収集するという回答者のうち、何らかの公式アカウントと友達になっているのは74.2%であり、「LINE@」アカウントと友達になっているのは49.3%だった。 公式アカウントと友達になった理由は、「得する情報を手に入れたいから」が57.7%で最も多く、「スタンプが欲しいから」(52.2%)を上回った。また、LINE@アカウントと友達になった理由も「得する情報を手に入れたいから」(69.6%)が最多だった。

友達になったLINE@アカウントの種類を見ると、「自宅近隣にある店や場所」が42.9%と最多であり、以下「今後、行ってみたい店・場所」(36.9%)、「勤務先や学校の近隣にある店・場所」(31.0%)と続く。

友達になったLINE@アカウントの種類

友達になったLINE@アカウントを知ったきっかけは、「公式アカウントから『LINE@』一覧を表示」(45.8%)、「ショップ内のPOP、掲示物」(30.4%)、「ショップや店員の名刺、ポイントカード」(29.8%)の順であり、友達獲得施策として店頭での積極的なアプローチも有効なようだと同社は分析する。

LINEで企業からの情報を収集するという回答者のうち、公式アカウントやLINE@アカウントからの情報をきっかけに何らかの行動を起こしたことがあるという回答者は79.2%に上る。

公式/LINE@アカウントからの情報で起こした行動

行動のうち、「ホームページにアクセスしたことがある」は男性が47.3%、女性が54.9%、「買い物をしたことがある」は男性が28.6%、女性が45.7%、「店に行ったことがある」は男性30.8%、女性43.9%であり、いずれも女性が男性を上回った。

なお、スマートフォンのユーザーが有名人からの情報収集に使っているのはTwitterが43.9%と最多であり、以下LINE(37.6%)、公式ブログ(30.7%)の順だった。

年代別に見ると、10代と20代はTwitter、30代は公式ブログ、40代はLINEを最も多く使っており、年代によって好むツールが異なるようだと同社は見ている。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『とんかつDJアゲ太郎』、第8話場面写公開! ゲストにサイトウ"JxJx"ジュン
[07:00 5/28] ホビー
アンミカ「共演者に塩をかける」有吉弘行「黒魔術みたい」とバッサリ
[06:00 5/28] エンタメ
『世にも奇妙な物語'16春の特別編』心揺さぶる4作品を紹介
[06:00 5/28] エンタメ
石川祐希の活躍に期待!五輪出場を目指しアジアのライバル中国と対戦
[06:00 5/28] エンタメ
要潤、人形のように美しい顔の役に「どう思うかは皆さん次第です」
[06:00 5/28] エンタメ

特別企画 PR

求人情報