クイズと人工知能で部署適性を分析、ミライセルフが新サービス

 

ミライセルフは2月2日、クイズとAIを用いて社員の価値観を元に業務への適性判定・分析を行うサービス「mitsucari(ミツカリ)」の提供を開始した。

クイズは、米カリフォルニア大学バークレー校で10年以上研究されている社会心理学と100名以上を対象としたインタビューに基づいて作成しており、従業員の"価値観"を分析する。例えば「直感と確実性のどちらが大切か」「レストランの選び方」といった質問からキャリア指向性や個性を判断する。クイズは全48問が用意され、10分程度で回答できるものになる。

クイズ例

クイズの回答データは、社員の人柄や価値観を14項目7段階に、感受性と指向性を5段階でデータ化され、その後、人工知能を用いて価値観などと部署の文化の相関関係を分析して社員の適性を判定する。

人工知能の機械学習は、顧客企業に応じて重視する価値観や傾向が異なるため、それぞれに応じて適性判定を行い、精度向上にも役立てる。会社全体や部署に対する適正判定だけでなく、最も似た価値観を持つ社員の名前も表示する。これにより、経営者や人事、上層部の直感で行われていた採用・人事配属が「データ分析による客観的なものに変わる」としている。

価値観データ

分析結果

サービスは、社員1~20名規模向け「スタートアッププラン」と21名~100名規模向け「レギュラープラン」が用意されており、101名以上は個別見積もり。スタートアッププランは月額5000円、レギュラープランは月額2万円(いずれも税別)となっている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電