ユーヴェMFケディラが再度負傷…内転筋の損傷で2~3週間の離脱へ

負傷が発表されたケディラ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスは2日、ドイツ代表MFサミ・ケディラの検査結果を発表した。

 3日に行われるセリエA第23節でジェノアと対戦するユヴェントス。試合前日の2日、クラブ公式HP上で21名の召集メンバーを伝えたが、リーグ戦7試合連続先発中のケディラはメンバー外となった。同選手は1月31日に行われた前節のキエーヴォ戦でハーフタイムに途中交代をしていた。

 同HPは「ケディラはキエーヴォ戦以降、右太ももに違和感があると訴え続けており、検査を受診した。内転筋の損傷と診断され、2週間から3週間離脱する」と伝えている。

 今季からユヴェントスでプレーするケディラ。開幕前に右太ももの肉離れで長期離脱をするなど負傷が多く、リーグ戦では12試合の出場にとどまっている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事