ブラウザOpera最新版「Opera 35」、よく使う項目まとめた「基本設定」追加

 

ノルウェーのOpera Softwareは2日、同社ブラウザ「Opera」の最新安定版「Opera 35」をリリースした。対応OSはWindows、Mac、Linux。同社公式サイトから無料でダウンロードできる。

Opera 35安定版(バージョン35.0.2066.37)

「Opera 35」では、developer版でアナウンスされてきた、タブ単位のミュート機能や、ダウンロード中断時の確認ダイアログの表示、設定画面の改善などが主要機能として搭載された。

タブ単位のミュート機能は、Webサイトが自動再生する音を、タブに表示されるスピーカーアイコンをクリックすることで、タブごとに消音できる機能。また、タブを右クリックした際に表示されるコンテキストメニューに、「他のタブの音声をオフにする」項目が追加された。

ダウンロードでは、ファイルのダウンロード中にOperaを終了させる操作をした場合、ダウンロードの確認ダイアログを表示するよう改善。

また、設定画面は、従来「ブラウザ」「ウェブサイト」「プライバシーとセキュリティ」「Opera ヘルプ」の4項目だったところ、よく使われる項目をまとめた「基本設定」を新たに追加した。「基本項目」では、起動時の表示ページや、ダウンロード先、ブックマークバー、Operaのテーマ、Cookieが設定できる。

基本設定ページ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー