ブラウザOpera最新版「Opera 35」、よく使う項目まとめた「基本設定」追加

 

ノルウェーのOpera Softwareは2日、同社ブラウザ「Opera」の最新安定版「Opera 35」をリリースした。対応OSはWindows、Mac、Linux。同社公式サイトから無料でダウンロードできる。

Opera 35安定版(バージョン35.0.2066.37)

「Opera 35」では、developer版でアナウンスされてきた、タブ単位のミュート機能や、ダウンロード中断時の確認ダイアログの表示、設定画面の改善などが主要機能として搭載された。

タブ単位のミュート機能は、Webサイトが自動再生する音を、タブに表示されるスピーカーアイコンをクリックすることで、タブごとに消音できる機能。また、タブを右クリックした際に表示されるコンテキストメニューに、「他のタブの音声をオフにする」項目が追加された。

ダウンロードでは、ファイルのダウンロード中にOperaを終了させる操作をした場合、ダウンロードの確認ダイアログを表示するよう改善。

また、設定画面は、従来「ブラウザ」「ウェブサイト」「プライバシーとセキュリティ」「Opera ヘルプ」の4項目だったところ、よく使われる項目をまとめた「基本設定」を新たに追加した。「基本項目」では、起動時の表示ページや、ダウンロード先、ブックマークバー、Operaのテーマ、Cookieが設定できる。

基本設定ページ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ジェットスター・ジャパン、初の通期黒字化--中国本土など国際線拡大へ
[17:26 8/24] 趣味
スマイルワークスのクラウド給与計算ソフト、中堅企業向けに機能を強化
[17:25 8/24] 企業IT
朝食市場、活性化の鍵はカギはどの世代?
[17:24 8/24] マネー
高畑裕太容疑者出演ドラマ『侠飯』一部撮り直しに - 26日放送分から編集
[17:08 8/24] エンタメ
MSI、OC版Radeon RX 480搭載グラフィックスカード - 税別34,980円
[17:07 8/24] パソコン