2013年のACL最優秀選手がフリーに…アル・サッド、FWムリキ退団を発表

2014年まで広州恒大でプレーしたムリキ [写真]=Getty Images

 カタールのアル・サッドは1日、ブラジル人FWムリキが退団することを発表した。同クラブ公式HPが伝えている。

 2010年にブラジルのアトレチコ・ミネイロから広州恒大へと移籍したムリキは、2013年シーズンのAFCチャンピオンズリーグで得点王とMVPの同時受賞を果たし、国内リーグ3連覇とともにアジア制覇に大きく貢献。2014-15シーズンからはアル・サッドへ活躍の場を移すと、チームに元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスが加わった今季はリーグ前半戦の15試合に出場し、11得点を挙げていた。

 また、同クラブはムリキの退団と同時にアルジェリア人FWバグダード・ブネジャーの加入も発表している。カタール紙『the Peninsula』によると、アル・サッドは2015年のアフリカ年間最優秀選手賞候補にも選出されたブネジャーを今シーズン開幕時に獲得していたが、これまでは古巣クラブであるエトワール・サヘル(チュニジア)へレンタル移籍をしていた模様。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事