杉野希妃、特殊メイク3時間で"男に抗う太る女"に変身! 「私ってタフかも」

 

女優の杉野希妃が主演を務め、長編作として初めてメガホンも取る映画『マンガ肉と僕』(2月11日先行、13日より全国公開)のメイキング映像が公開され、劇中で演じる太った女子大生・熊堀サトミの特殊メイクの過程が2日、明らかになった。

映画『マンガ肉と僕』場面写真

原作は、朝香式氏による同名小説。気弱で引っ込み思案の青年・ワタベ(三浦貴大)は、大学になじめず孤独な日々を送っている。一方、同大学のサトミは、太ったみすぼらしいルックスから、周囲の嘲笑を受ける存在。自然に接してくれる唯一の存在・ワタベの優しさにつけ込んだ、サトミはワタベの自宅に転がり込んで寄生し支配していく。ワタベとサトミ、そしてワタベが好意を寄せる菜子(徳永えり)やさやか(ちすん)らとの歪んだ恋愛模様を映す。

杉野が"男に抗うために太る女"サトミになるために、特殊メイクにかけた時間は3時間。映像の冒頭では、杉野が「ああいう役(サトミ)自体が初めてだし、すごいチャレンジングなのでワクワクしてたんですよ。わー楽しみって思ってたんですけど」と初の挑戦を前に意欲を語る姿が映される。一方で、特殊メイクは6時間かかるという話も聞いた杉野は「監督もしながら体力持つのかな…」という感情もあったと吐露。それでも「やってみて私って本当はタフなのかも」との思いに至ったことを明かしながら笑みを浮かべる。

また、杉野の語りと同時に特殊メイクは進んでいく。最初こそ細身の"杉野"だが、特別な皮膚の素材を貼り付け、アイメイクも施されていく内に、その姿は"サトミ"に。中盤からは本編映像も流れ、杉野とは程遠い、みすぼらしく厚顔無恥な女性・サトミの姿が披露される。


(C)吉本興業

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事