ロナウジーニョ、約半年ぶりの実戦で珍事…主審にサイン求められる

9月までフルミネンセでプレーしていたロナウジーニョ [写真]=Getty Images

 1月30日、エクアドルのバルセロナSCと1試合限定の契約を結んだ元ブラジル代表FWロナウジーニョ。ペルーのウニベルシダ・サン・マルティンとの親善試合に出場した。

 現在35歳のロナウジーニョは、昨年7月にフルミネンセに加入したが、わずか2カ月で退団。その後は無所属となっていた。

 バルセロナSCでの親善試合は、ロナウジーニョにとって約半年ぶりの実戦だったが、思わぬことがあったようだ。

 同選手に主審も興味を示していたのか、イエローカードにサインを要求していたようだ。SNS上にはサインが書かれたようなカードの写真が掲載されているが、本物かどうかは定かではない。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事