東芝、新たな半導体製造棟の建設に向け四日市工場の隣接地を取得

 

東芝は2月2日、将来の3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASHTM」における製造棟の建設に備え、三重県四日市市・四日市工場の隣接地取得を決定したと発表した。

同工場においては、3次元専用工程の製造棟として、新第2製造棟を建設しているところだが、将来の需要拡大に対応するため、新たに3次元専用工程の製造棟を建設する必要があるという。既存敷地内には、新規に建屋を建設するスペースが確保できないため、2次元NAND型フラッシュメモリから3次元フラッシュメモリへの切り替えが必要になった際、建屋を速やかに建設できるよう、今回の決定に至った。

対象は四日市工場の東側と北側にある土地で、取得面積は約15万m2、取得費用は約30億円を予定しており、取得後、2016年度末を目途に造成を完了する見通し。新しい製造棟の建設時期、生産能力、生産設備への投資など具体的な計画については、市場動向を踏まえ、2016年度中に決定する予定だとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー