JAXA、金星の北極/南極が高温になるメカニズムを解明

 

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と慶應義塾大学、京都産業大学は2月1日、コンピュータシミュレーションから、金星の極域上空の大気に生じている特異な気温分布を再現し、その生成・維持メカニズムを理論的に解明することに成功したと発表した。

同成果は、JAXA 宇宙航空プロジェクト 安藤紘基 研究員らの研究グループによるもので、2月1日付けの英科学誌「Nature Communications」に掲載された。

金星の極域上空の大気では、気温が高い領域を冷たい領域が囲っているという特異な気温分布となっていることが1970年代の金星探査によって明らかになっている。しかし、この特異な気温分布が生じるメカニズムは現在まで解明されていなかった。

今回、同研究グループは数値シミュレーションを行い、太陽光が金星の雲層を暖めることにより生じた南北方向の大気の流れが同メカニズムに関連している可能性を指摘。この流れは極域上空で集まり下降流となるが、気圧の高い低高度に向かう際に圧縮されて気体の温度が高くなる。これが極域の一部で温度が継続的に高くなる原因であることが結果から示唆されている。

今年4月から金星探査機「あかつき」が本格的な観測を開始するが、同探査機に搭載された複数のカメラによる観測から金星の南北方向の大気の流れの強さや気温分布がわかれば、今回の研究で用いられた理論モデルを実証することにつながると同研究グループは説明している。

金星極域上空温度と大気の流れのイメージ図。気温が高い領域を冷たい領域が囲っている (c)JAXA

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

夏ボーナス、国家公務員は平均63万円
[12:15 6/30] マネー
女性がお風呂場で入浴以外にしていること
[12:10 6/30] ヘルスケア
【連載】ミラノサローネの「若手の登竜門」に挑む 第2回 デザイナーの登竜門に挑戦!そこでぶち当たった「ミラノの壁」
[12:05 6/30] テクノロジー
「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版が提供開始
[12:05 6/30] 企業IT
【連載】胎児もつらいよ! 第2回 壮大な軌跡に老けこむ……
[12:04 6/30] ライフスタイル