NTTデータ、自社データセンターとAWS/Azureを専用線で接続

 

NTTデータは2月1日、同社のデータセンターとアマゾンウェブサービス(AWS)やMicrosoft Azure(Azure)を専用線で直接接続する「マルチクラウド接続サービス」を同日より提供開始すると発表した。

マルチクラウド接続サービス概要

同社では、同社のデータセンターとAWSやAzureの間を専用線で接続し「マルチクラウド接続サービス」として同サービスを提供することで、安全性や信頼性を担保しつつ、複数のクラウドサービスや自社システムを連携させるハイブリッドクラウドやマルチクラウドを利用したいという企業のニーズに応えるとしている。

同サービスでは、複数の異なるキャリア回線、ネットワーク機器を物理的に冗長化することにより、可用性の高いネットワーク環境を利用できるようになった。また、システムごとにAWSやAzureのアクセスポイントにおいて、ユーザー自身で回線の手配や追加ラック契約など追加設備の用意が不要なため、低価格でサービスを利用することが可能だ(最高速度1Gbpsまで対応)。

同社は今後、顧客企業の事業パートナーとして、複数のクラウド基盤の最適化や運用管理を支援する新サービスの提供を計画中であり、順次発表していく計画。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松本人志、「胃袋は宇宙!」と大食いを豪語する宮迫博之に悪ノリ!?
[16:00 9/28] エンタメ
「受験うつ」の"サイン"、わかりますか?
[15:59 9/28] ヘルスケア
女になったKABA.ちゃん、目標はグラビア「女性の部分でできなかったことを」
[15:57 9/28] エンタメ
宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ