ヤフー、1200台のサーバによるインフラ基盤 - Open Compute Project活用

  [2016/02/02]

CTCとITOCHU Techno-Solutions Americaは2月2日、ヤフーの米国現地法人であるYJ Americaが所有する米国データセンターのビッグデータ活用を目的としたインフラ基盤を構築したと発表した。

同インフラ基盤は、Open Compute Project(OCP)の仕様に基づいた製品を中核として、1200台のサーバと120ペタバイトのストレージで構成されており、2016年の本格稼働を予定している。OCPは、米国Facebook社が2011年に開始した大規模データセンターに最適なハードウェアを設計・提供するためのプロジェクト。

「Open Compute Project」のWebサイト

CTCはOCP仕様のサーバ、ストレージ、ラック、電源装置などの製品販売から構築、保守サポートまでをトータルで提供している。今回、Facebookをはじめとする「ウェブスケール」と呼ばれる大規模なITインフラを運用する事業者と共同で、Yahoo! JAPANへの導入前の技術検討および検証支援を行った。

また、Yahoo! JAPANとCTCはOCP仕様のサーバ、ストレージなどの製造を行うODM各社や関連ベンダーと協力し、ウェブスケールと同等の競争力のある機器調達を実現した。

Yahoo! JAPANは、米国でさらなるOCP製品の導入拡大を検討しているほか、米国のウェブスケール企業との共同技術開拓や評価なども予定しているという。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR