土山しげる、中堅編集者のシメの一品描く新作グルメマンガをアクションで

「〆のグルメ」第1話の扉ページ。

本日2月2日に発売された漫画アクション4号(双葉社)にて、土山しげるの新連載「〆のグルメ」がスタートした。

「〆のグルメ」の主人公は小説の編集者として働く、出版社の中堅社員・篠原。何かと酒の席に足を運ぶことの多い彼が、1日のシメとして食べる料理の数々が描かれる。

このほか今号に掲載された清野とおるの「ウヒョッ!東京都北区赤羽」には、GLAYのHISASHIが登場。2月16日発売の次号漫画アクション5号では、長谷川和志「先生、黒髪になっても気付いてくれる?」が新連載として始動する。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事