フジ宮司愛海アナ、少女風の衣装に「袖を通すと別人になったような気が…」

フジテレビの宮司愛海アナウンサーが、同局系番組『GO!GO!チャギントン』(毎週日曜6:15~6:30)の4代目ナビゲーターを務めることが2日、明らかになった。7日の放送から登場する。

『GO!GO!チャギントン』の4代目ナビゲーターを務める宮司愛海アナウンサー

同番組は、イギリス生まれの子供向け鉄道CGアニメで、カラフルで表情豊かなキャラクターやストーリーが人気。世界178の国と地域で放送され、フジテレビでは『めちゃ×2イケてるッ!』でパロディもされている。

これまで、同局アナウンサーのナビゲーターは、初代が加藤綾子アナ、2代目が生田竜聖アナ、3代目が宮澤智アナが務めてきたが、2月7日の放送から宮司アナが担当。2010年の地上波での番組スタート時からナビゲーターを務める、つるの剛士とともに、番組を盛り上げる。

3人兄弟の長女で、子どもとふれあうのが大好きだという宮司アナ。それでも、先日行われた初収録では、4人の父親である、つるのに終始頼りきりだったといい、「早くつるのさんの"右腕"となれるよう頑張らなければ! と思った次第です」と意気込みを語る。

小さいころには"うたのおねえさん"に憧れていたそうだが、まるで少女のようなカラフルな衣装には「普段、なかなか着る機会のないタイプの衣装なので、袖を通すとなんだか別人になったような気がしました!」とスイッチが入った様子。「この鮮やかな色の衣装に負けないよう、元気いっぱい頑張ります」と抱負を述べている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事