海上からの花火鑑賞も! 夏休みの週末に行ける快適国内クルーズ、予約開始

 

阪急交通社は1月29日、クルーズプラン「熱海花火と八丈島 夏休みチャータークルーズ4日間」(8月25日~8月28日)を発売した。

「ぱしふぃっくびいなす」で行くクルーズプラン「熱海花火と八丈島 夏休みチャータークルーズ4日間」(8月25日~8月28日)が発売

同プランは、日本のクルーズ船「ぱしぃふぃっくびいなす」を貸し切って敢行される神戸港発着のチャータークルーズとなる。同社は2014年から、日本船と外国船計15隻の貸し切り企画を実施しており、日本各地をベストシーズンに寄港する航路を提案しているという。

阪急交通社によると、同社が2015年夏に行った外国船「ダイヤモンドプリンセス」のチャータークルーズでは、家族や3世代での参加者の増加がみられた。船上で実施したアンケートによると、クルーズに対する意識も"豪華な長旅"というイメージから"気軽で手軽な快適旅"へと変化しつつあるという。

今回のチャータークルーズではアンケート結果を受け、家族や友人同士で参加しやすいよう、夏休み期間の週末を利用できる設定とした。寄港地は横須賀と八丈島の2カ所。横須賀に寄港した後は熱海沖へ移動し、船上から海上花火を観賞する。翌朝は八丈島に上陸し、離島固有の自然と文化に触れることができるという。船上では祭りや踊りなど、同社のオリジナルイベントも用意している。

同プランの旅行代金は、15万円~62万円(大人1人・2人1室利用の場合・税込)。12歳以下は通常料金の75%となる子供料金の割引もあり、子供を含む3人1室利用時には、3人目の子供料金がさらに半額となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー