中島健人「エロキュン要素に興奮」と告白、映画「黒崎くん~」舞台挨拶で

小松菜奈 (c)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会 (c)マキノ/講談社

マキノ原作による実写映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」の完成披露舞台挨拶が、本日2月1日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。

会場には黒崎役の中島健人(Sexy Zone)、由宇役の小松菜奈、白河役の千葉雄大、芽衣子役の高月彩良、梶役の岸優太(ジャニーズJr.)が登壇。中島はステージに上がるなり、強引な“黒悪魔”こと黒崎のごとく「今日は僕らの言いなりになってください!」とドSな発言でファンを沸かせ、「ラブストーリーは初めてでしたが、自分が出ている映画にもかかわらず胸キュン。ひとつひとつのシーンにエロキュン要素があるので興奮した」と語った。

また台本を読んだとき、役柄について不安を感じたことを明かし、「これ、僕にできるかな?と思いました。でもまずは髪を黒染めしよう、次は心を黒染めしようと、いろんなことに対して黒崎としての意識を持ちました」とコメント。その具体例として「後輩のジャニーズJr.がたるんでたら注意したりとか」と話すと、中島の後輩にあたる岸が「僕はいつもちゃんとしようと思ってます!」と発言し笑いを誘った。

一方、優しい“白王子”こと白河を演じた千葉は、役作りについて「僕も普段からそういうところがあったりするので、大変ではなかったです」と言うも、すぐに照れながら「嘘です、ごめんなさい!」と訂正。ここで司会から小松へ、「役ではなく自分自身として選ぶなら、黒崎と白河どちらが好きか?」という質問が飛んだ。

小松は悩んだ末に「“黒”ですね。」と回答。「小学生の男の子って好きな女の子をいじめたりするじゃないですか。そういうのは見ててかわいいなっていうか」と話すと、中島は驚いた表情を見せた。

続いてメインキャストが挑んだシャワーシーンの話題へ。中島は「普段シャワーを浴びるときは、あんなふうに上から喉元に向けて『ああっ……』ってやることはないので(笑)」と照れながら話す。さらに同シーンでは腰のかなり低い位置にタオルを巻いているとのことで、「『もうちょっと下げようか。あっ、ちょっと見えてる!』とか言われて(笑)。監督やプロデューサーが僕に対してドSでした」と暴露。また千葉が「監督が『エロく浴びてください』とだけ言い残して行っちゃって……。ボディシャンプーのCMをイメージしました」と振り返ると、中島から「艶やかでしたね」とコメントが。すると「いやいや、けんてぃーのほうが」「いや、ばーちーのほうが!」と褒め合いになり、「じゃあじゃんけんで決めよう!」という中島の提案から2人がじゃんけんで対決。パーを出した中島が勝利し、2人の中で決着がついたようだった。そんな掛け合いをほほえましく見守っていた小松は、自らの入浴シーンを「本当に沈んでたので、息ができなくて。死ぬ一歩手前でした」と回想した。

最後に中島が「これから公開まで、この映画の魅力を伝えていきたいと思っているのでよろしくお願いします。そして、お前は俺の奴隷だ! でもこの映画を観たら……お前は俺の彼女だ」とドSな挨拶で舞台挨拶を締めくくった。

「黒崎くんの言いなりになんてならない」は、別冊フレンド2014年2月号(講談社)より連載中。親の転勤により寮生活をすることになった由宇は、“白王子”こと白河とひとつ屋根の下での同居に浮かれるも、“黒悪魔”と呼ばれる黒崎に逆らった罰として、いきなりファーストキスを奪われ、以後黒崎に絶対服従するハメになってしまう。実写映画は2月27日より全国ロードショー。

(c)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会 (c)マキノ/講談社


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事