古川雄輝の生"ゼラ様"に観客メロメロ! 『ライチ☆光クラブ』壇上で存在感

 

俳優の古川雄輝らが1日、映画『ライチ☆光クラブ』(2月13日公開)のプレミア上映イベントに出席し、"廃墟の帝王"こと光クラブのカリスマ的存在・ゼラを演じた古川が存在感を示した。

俳優の古川雄輝

本作は、廃工場の秘密基地「光クラブ」を舞台に、9人の少年たちによる裏切りと愛憎の物語。大人になる前のもろく、残酷で多感な思春期が描かれる。この日は主要キャストが一堂に会し、古川をはじめ、野村周平、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音、内藤瑛亮監督が集結した。

中でも最も黄色い歓声を浴びたのが、ゼラ役の古川。役になりきり、低めのトーンで「おはよう……」とあいさつすると、客席からは一斉に「キャー!」と声が上がり、「廃虚の恋人たち……」と続けてファンはメロメロ。一転して爽やかなトーンで、「みたいな感じでゼラ役を演じています!」と切り替え、その場を器用に温めた。

イベントでは司会者の質問に「◯」「×」札で回答するコーナーが設けられた。撮影は廃校を使って主に深夜帯に行われたことから、"こんな撮影は二度としたくない!"のお題が出されたが、古川は迷わず「×」を選択。古川にとってのゼラは、「僕が今までで本当に演じたいと思っていた役の1つ」。過酷な撮影だったことは認めながらも、「きつかったんですけど、撮影自体は非常に楽しくやらせていただきました」と充実感をうかがわせた。

前列左から池田純矢、中条あやみ、野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗、松田凌、後列左から岡山天音、柾木玲弥、戸塚純貴、藤原季節、内藤瑛亮監督

役柄としっかり向き合っていた様子の古川。"自分が演じたキャラクターと友達になれそう?"の質問には「◯」。ファンにとっては「えー!?」と意外な答えだったようだが、「丸ですね。個人的に一対一でしっかり話せばいいやつなんじゃないかな」と一番の理解者であることをアピール。会場が笑いで包まれる中、「仲良くなれます。一緒にチェスとかしてみたい」と真面目に締めて、今度は観客を納得させる。

間宮演じるジャイボとゼラの妖艶なシーンも話題の本作。"いい意味でヤバイ?"という不可解な質問に、古川は「×」の札を掲げ、「やってる本人としてはそんなにヤバくないというか。シーン的にはほかのシーンと変わらない感覚」と俳優然とした感想を語った。コメントに物足りなさを感じたファンからの「えー!?」に後押しされるように、野村が「あんなことやこんなことしてたのに!? いろんなところ、舐めたりしてたのに!?」と追及。それでも古川は「まぁ、あの……撮影ですから」「ラブシーンいろいろやってきたので、ただそれが男性になったという(だけ)」と乱されることはなかったが、"初体験"だったと嘆く間宮には「申し訳ない」と笑いながら謝っていた。

ゼラ役の古川雄輝(左)とジャイボ役の間宮祥太朗

(C)2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ニスコム、データセンター向け研修・資格制度「DCPro」を日本で開始
[17:14 7/25] 企業IT
立ち食いそば散歩 第24回 "1日1麺"はここで! 「信越そば」の豊富なトッピングから好みの3品を
[17:00 7/25] 趣味
カネボウ化粧品、頭皮にアプローチする成分配合の薬用育毛美容液を発売
[17:00 7/25] ヘルスケア
『ワンピース』や『ガンダム サンダーボルト』の「一番くじ」が登場 -「ワンダーフェスティバル2016 夏」バンプレストブース
[17:00 7/25] ホビー
『ツキウタ。』、こけし型ラバストとOUTDOOR PRODUCTSとのコラボグッズ登場
[17:00 7/25] ホビー

本音ランキング