首位決戦に敗れたアトレティコに災難…ゴディン&フェルナンデスが負傷

メッシ(左)と競り合うDFゴディン(右) [写真]=Getty Images

 1月30日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節で、アトレティコ・マドリードは敵地でバルセロナと対戦し、1-2と逆転負けを喫した。この試合で、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンと1月にセルタから加入したMFアウグスト・フェルナンデスが負傷したことがわかった。31日、同クラブ公式サイトが伝えている。

 この試合に先発出場したが、65分に2度目の警告を受けて退場処分を下されたゴディン。31日に検査を行い、左ひざじん帯の捻挫と診断された。

 一方のフェルナンデスは、アトレティコ・マドリードでリーグ戦4試合目の出場を果たしたが、76分に負傷交代。検査の結果、左ひざじん帯の一部損傷と診断されている。

 なお、両選手の離脱期間については発表されていない。

 アトレティコ・マドリードは次節、6日にMF乾貴士が所属するエイバルをホームに迎える。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事