ジェノアMFペロッティ、ローマ到着で加入が秒読み「大きなチャンス」

 

1月31日に行われたフィオレンティーナ戦に出場したジェノアMFペロッティ [写真]=Getty Images

 ローマが、ジェノアからアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティを獲得することが決定的となった。1月31日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ジェノヴァで開催されたセリエA第21節のフィオレンティーナ戦で先発出場したペロッティは、試合後にローマのフィウミチーノ空港に到着。つい数時間前までジェノアの一員としてプレーしていたが、ローマのマフラーを掲げ、「自分にとって大きなチャンス。偉大なクラブでプレーし、チャンピオンズリーグでもプレーできるだろう。移籍を嬉しく思う」と語り、ローマ加入に喜びを示した。

 今後、メディカルチェックが行われ、2020年6月30日までの契約が結ばれる模様。また、移籍形態はレンタル移籍だが、完全移籍での獲得が義務付けられている。移籍金についてはレンタル料が100万ユーロ(約1億3000万円)で、完全移籍での買い取り額は900万ユーロ(約11億8000万円)にボーナスが加わるものと予測されている。

 現在27歳のペロッティは、今シーズンのセリエAで16試合に出場し、1得点を挙げている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

藤ヶ谷太輔、バスケ選手の役づくりで「髪をバッサリ切って黒くしました」
[13:13 8/31] エンタメ
シマンテック、常時SSL化に向けホスティング事業者向け新サービス提供
[13:06 8/31] 企業IT
10周年記念「ゼーガペイン アルティール」は積層化QLフルチャージ状態再現
[13:00 8/31] ホビー
エアバス、LATAMにA320neo引き渡し - アメリカ大陸で最初の運航会社に
[12:59 8/31] 趣味
マウス、「オータムセール」にクリエイター向けPC「DAIV」を追加
[12:57 8/31] パソコン