ジェノアMFペロッティ、ローマ到着で加入が秒読み「大きなチャンス」

 

1月31日に行われたフィオレンティーナ戦に出場したジェノアMFペロッティ [写真]=Getty Images

 ローマが、ジェノアからアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティを獲得することが決定的となった。1月31日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ジェノヴァで開催されたセリエA第21節のフィオレンティーナ戦で先発出場したペロッティは、試合後にローマのフィウミチーノ空港に到着。つい数時間前までジェノアの一員としてプレーしていたが、ローマのマフラーを掲げ、「自分にとって大きなチャンス。偉大なクラブでプレーし、チャンピオンズリーグでもプレーできるだろう。移籍を嬉しく思う」と語り、ローマ加入に喜びを示した。

 今後、メディカルチェックが行われ、2020年6月30日までの契約が結ばれる模様。また、移籍形態はレンタル移籍だが、完全移籍での獲得が義務付けられている。移籍金についてはレンタル料が100万ユーロ(約1億3000万円)で、完全移籍での買い取り額は900万ユーロ(約11億8000万円)にボーナスが加わるものと予測されている。

 現在27歳のペロッティは、今シーズンのセリエAで16試合に出場し、1得点を挙げている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「秋は抜け毛がひどい」は真実! 抜ける原因や期間、本数を医師が解説
[10:45 9/27] ヘルスケア
資生堂、学習型レコメンデーションエンジン搭載のヘアスタイルBotサービス
[10:44 9/27] 企業IT
トーストの次はコーヒー! - バルミューダ、最高の注ぎ心地を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」を投入
[10:41 9/27] スマホとデジタル家電
日本一人口の少ない村は東京にある! "青ヶ島フェア"で希少なご当地グルメを
[10:30 9/27] 趣味
Microsoft、Adobe Systemsとクラウド分野での協業を発表
[10:29 9/27] 企業IT