ジェノアMFペロッティ、ローマ到着で加入が秒読み「大きなチャンス」

 

1月31日に行われたフィオレンティーナ戦に出場したジェノアMFペロッティ [写真]=Getty Images

 ローマが、ジェノアからアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティを獲得することが決定的となった。1月31日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ジェノヴァで開催されたセリエA第21節のフィオレンティーナ戦で先発出場したペロッティは、試合後にローマのフィウミチーノ空港に到着。つい数時間前までジェノアの一員としてプレーしていたが、ローマのマフラーを掲げ、「自分にとって大きなチャンス。偉大なクラブでプレーし、チャンピオンズリーグでもプレーできるだろう。移籍を嬉しく思う」と語り、ローマ加入に喜びを示した。

 今後、メディカルチェックが行われ、2020年6月30日までの契約が結ばれる模様。また、移籍形態はレンタル移籍だが、完全移籍での獲得が義務付けられている。移籍金についてはレンタル料が100万ユーロ(約1億3000万円)で、完全移籍での買い取り額は900万ユーロ(約11億8000万円)にボーナスが加わるものと予測されている。

 現在27歳のペロッティは、今シーズンのセリエAで16試合に出場し、1得点を挙げている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー
【特別企画】卵を食べ過ぎると○○○は都市伝説だった!? 卵とコレステロールの関係とは
[11:14 7/25] ヘルスケア