シャープ「AQUOS 4K」、Ultra HD Blu-rayのHDRに対応するソフトウェア更新

 

シャープは2月1日、4K対応の液晶テレビ「AQUOS 4K」の一部機種(9モデル)について、更新用ソフトウェアを公開した。主な変更点は、Ultra HD Blu-rayのHDR(ハイダイナミックレンジ)映像信号に対応したことと、Hybridcastの動作を改善したこと。HDR対応は「入力1」のみとなる。対象のモデルは以下の通り。

  • LC-60US30、LC-52US30
  • LC-58U30、LC-55U30、LC-50U30、LC-40U30
  • LC-80XU30、LC-70XG35、LC-60XD35

LC-60US30

「AQUOS 4K U30」シリーズ

「AQUOS 4K NEXT」(LC-80XU30)

アップデートの方法として、「デジタル放送ダウンロード」「USBメモリーを利用」「ネットワークサーバー(LAN接続)経由」という3通りが選べる。詳細はシャープのWebサイトを参照いただきたい。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

マネーフォワード、NTT-D提供の法人向けインターネットバンキングAPI導入
[14:43 7/27] 企業IT
TDL、今秋終了「ディズニードローイングクラス」の新クラスを体験してみた!
[14:42 7/27] エンタメ
ALSI、情報漏洩対策シリーズに「自動暗号化フォルダーオプション」
[14:41 7/27] 企業IT
IPA、ポケモンGO「ARモード」写真のSNS投稿に注意喚起
[14:39 7/27] スマホとデジタル家電
弥生、自社会計サービスと請求書サービスMisocaの連携を強化
[14:37 7/27] 企業IT