キーサイト、M8195A 65GSa/s任意波形発生器のアナログ帯域幅を25GHzに拡大

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は2月1日、M8195A 65GSa/s任意波形発生器(AWG)のアナログ帯域幅を20GHzから25GHzに拡大したことを発表した。

今回の性能強化により、信号品質の向上が保証されるうえ、完全に同期されたチャネルを1モジュールあたり最大4個使用できるようになる。AWGのメモリも16GSa/モジュールに増え、最大サンプリングレートで250msの再生時間を実現。M8195Aのシーケンサーオプションを使用すると、長いテスト信号シナリオの作成も可能となっている。

またプラグインソフトウェアのM8085Aを用いれば、コンパクトでマルチレーン測定に対応したMIPI C-PHYおよびD-PHYのレシーバー試験が可能になる。D-PHYテストアプリケーションには、ペイロードパターン/パターン・シーケンス・エディターが含まれ、C-PHYおよびD-PHY用のアプリケーションには、コンフォーマンステストに準拠した校正/テスト手順も用意されている。

また、81195A光変調ジェネレーターソフトウェアも利用可能。81195Aのオプションとして、信号のフォーマットおよび信号劣化をリアルタイムに変更できる。M8195A AWGを同オプションと組み合わせると、テスト時間を100分の1に短縮できるという。

M8195A 65GSa/s任意波形発生器



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事