乃木坂46・生駒里奈、5作連続センター時代は「バッシングの嵐」「傷ついた」

 

アイドルグループ・乃木坂46の生駒里奈が、1月31日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00~21:54)に出演し、デビュー曲から5作連続でセンターを務めていた当時の苦悩を語った。

乃木坂46の生駒里奈

デビュー曲「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」まで5作連続でセンターを担当した生駒は、当時の評判を聞かれて「バッシングの嵐でした」と振り返り、「『かわいくない』『ふさわしくない』『全然ダメ』みたいのが5枚目まであった」と告白。「握手会で直接『お前ダメだから』と言われたこともあり、傷つきました」と語った。その後は、「いつかまたセンターやろうね」と言ってくれる人が増えたそうで、「ちゃんと見てくれてたんだなっていうのがわかりました」と話した。

番組では、初めて生駒ではなく白石麻衣がセンターに起用された「ガールズルール」の選抜発表時に、生駒がステージ上で倒れた映像も紹介。センター落ちしたショックではなく、センターの重責から解放され力が抜けて倒れたそうで、生駒は「開放感ですっきり」と当時の心境を説明した。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー

本音ランキング