浅野、ジャガーポーズ浸透目指すも…まずは「プレーを見てもらう」

 

帰国を遂げた浅野 [写真]=足立雅史

 1月31日、AFC U-23選手権カタール2016を制覇したU-23日本代表が帰国した。同30日に行われた決勝のU-23韓国代表戦で2得点を挙げて3-2の逆転勝利に貢献し、優勝の立役者となったFW浅野拓磨が空港で取材に応えた。

 浅野は、韓国戦で2点ビハインドの60分から途中出場し、67分にMF矢島慎也のスルーパスからチームを勢いづけるゴールを決めた。また、2-2の同点で迎えた81分にはMF中島翔哉のパスに反応し、相手DFと上手く入れ替わると、GKとの1対1を冷静に制して逆転弾を挙げた。

 試合後のチームについて、同選手は「みんな喜びを表現していたと思います。僕自身もそうでしたし、みんなも『とにかく早く日本に帰りたい』と言っていました」と明かすと、「昨日のうちに(優勝の)実感が湧いて、喜びは絶頂までいったので、今は落ち着いてきている感じです」と現在の気持ちを口にした。

「苦しい試合が何試合もあって、その中でも勝つことができて、自信もついて成長できたと思います。最後の最後、苦しい試合でしたけど、勝つことができたというのはこの年代の日本代表を表した試合でした。最後の最後まで成長して大会を終えられたと思います」と大会を総括。「僕自身はなかなか結果が出ずに、悔しい思いをたくさんして。それでも最後、自分が試合を決めるんだと思って入りました」と大会を通じて自身の得点がないまま迎えた決勝戦を振り返り、謙虚に語った。

「たくさんの選手がゴールをとっていく中で、自分もゴールを取らないといけないと、刺激をもらいました。自分もまだまだなんだなと再確認できたので、前を向いて取り組むことができました。自分もみんなについていかないといけないなと思うことができたので、それはこれからもそうですし、ひたむきに取り組んでいきたいと思います」

 韓国戦の逆転ゴールを決めた際に見せた“ジャガーポーズ”が流行するのではないか、という問いに対しては「そうなってくれればいいかなと思います」と笑顔で話し、「プレーよりも先にポーズの方にいってしまうとあれなので、プレーをしっかり見てもらって、ポーズも浸透していってくれればいいかなと思います」とコメントした。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【先週の注目ニュース】「MADOSMA」第2世代、28日発売(7月18日~7月24日)
[15:21 7/25] パソコン
KickassTorrents、別ドメインで復活か - 続く追跡劇
[15:18 7/25] 企業IT
2015年の国内VM/クラウドシステムソフトウェア市場は初の1桁成長
[15:12 7/25] 企業IT
マウス、クリエイター向けPC「DAIV」を撮影機材の老舗店「銀一」で販売
[15:12 7/25] パソコン
柏木由紀、初主演舞台は「"AKB48の柏木由紀"を捨てたつもりで!」と気合
[15:00 7/25] エンタメ