U23日本代表が帰国…手倉森監督「国民の期待に応えられてよかった」

  [2016/02/01]

帰国会見に臨んだ4名。左から大島、遠藤、手倉森監督、岩波 [写真]=足立雅史

 1月31日、AFC U-23選手権カタール2016を優勝したU-23日本代表が帰国し、チームを率いる手倉森誠監督、主将を務めるMF遠藤航、副主将のDF岩波拓也とMF大島僚太が帰国会見に臨んだ。

 今大会は、リオデジャネイロ・オリンピックの最終予選を兼ねて開催された。日本は初戦の北朝鮮戦から決勝の韓国戦までの6試合を全勝でアジア制覇を遂げ、6大会連続10度目のオリンピック出場権を勝ち取った。

 手倉森監督が「遅い時間にかかわらず、こういった時間を取っていただき、ありがとうございます。僕自身はさっと帰りたかったんですけどね」と笑いを誘い、会見がスタート。「まず、国民の期待に応えられてよかったと思います。6大会連続ということを途切らせてはいけないという思い、アジアチャンピオンになってリオに行くという目標。それも成長して優勝するという目標を掲げて達成できた。アジアの頂点に立つという意味は、サッカー界にすごく必要だった。我々だけで満足するのではなくて、日本サッカー界が満足するものであると思います」と語った。

 そして、各選手も優勝の喜びを示すと、遠藤が「これからリオ五輪まで一人ひとりがさらにどこまで成長できるかが大事。チームとしても個人としても成長できるように頑張っていきたい」と今後の意気込みを述べ、大島が「リオでメダルという目標があるので、そこに向けてしっかり準備をしていかないといけない」と同調。岩波は「リオ五輪ではさらに厳しい戦いがあると思いますけど、そのためにまずはJリーグでしっかり結果を出していきたいと思います」とコメントした。

 選手に隠れてやっていたことを問われた手倉森監督。「選手の前ではドシッとしていようかなと思って、飯をいっぱい食べて痩せないようにしていました。部屋でよくミーティングの練習をしています。ミーティングした後、浅野が俺のモノマネをしますけどね」と明かし、「平常心で試合に入っていけるような工夫、やる時と休む時のメリハリ。そういうのを気遣いながら生活しました。ピッチに立つと勇敢に戦ってくれていることを頼もしく思いながらいたし、言葉にすごく反応できるチームだなと」と選手たちを称賛した。

 今大会では23選手を招集したが、リオ五輪の登録人数は18人。同監督は「厳しい決断が迫られる時期が絶対にくる」と言及すると、「厳しい戦いがここからみんなに待っていると思います。今は『使わなければいけない』とか『使いたい』とか、そういうのは一切考えていない。活動が始まって、彼らの成長とともにいろいろなものを判断していければという考えでいます」と、本大会のメンバー選考について考えを口にした。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Mophie、iPhone 6/6sシリーズ用のワイヤレス充電対応バッテリーケース発表
[10:44 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016(番外編) - 今年は美人系のお姉さん多し!! コンパニオンさん写真特集 ~開幕版
[10:34 6/1] パソコン
NTTデータと日立造船、IoTを活用した遠隔監視技術確立に向け実証実験
[10:31 6/1] 企業IT
【特別企画】今さら聞けないIT資産管理 (9) ちょっと待って! ソフトウェアのライセンス管理(応用編)
[10:30 6/1] 企業IT
MySpaceから漏れた可能性があるパスワードトップ55
[10:30 6/1] 企業IT