中島裕翔、新木優子ヒロインでラブストーリー初主演!「2人の関係見せたい」

 

Hey! Say! JUMP・中島裕翔が、映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(2017年新春公開)でラブストーリーの主演に初挑戦することが1日、発表された。ヒロインは、女優の新木優子が務める。

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』に上村小春役で出演する新木優子

原作は、瀬尾まいこ氏による同名の恋愛小説。漫才グループ・髭男爵の元メンバーで、『箱入り息子の恋』(13年)で第54回日本映画監督協会新人賞を受賞してきた市井昌秀監督がメガホンを取る。体育祭の競技「米袋ジャンプ」をきっかけに付き合うことになった無口な草食系男子・葉山亮太(中島)と明るいながらも思ったことをずけずけ言い過ぎる上村小春(新木)の2人が、ファストフードで恋を知り、ファミレスで愛に気付き、白いご飯を食卓で一緒に囲む家族になるまでの7年間を描く。

NEWS・加藤シゲアキ原作の『ピンクとグレー』(公開中)で、映画初出演と同時に初主演を飾った中島。本作では、あだ名は"イエス"であるが、その実、他人には無関心で無口な主人公・葉山を演じる。中島はそんな葉山を「ある理由から無口で、受け身で、自分の世界に閉じこもっている」人物と説明。「亮太の影がある部分は僕とは正反対だと思います」としながら、「たまにたそがれたくなる彼の気持ちはわかる気が」と笑みを浮かべる。さらに、本作を「とても温かいイメージの作品なのですが、7年間の間では2人をとりまく環境も変わって、けんかが起きたりもします」と明かし、「そんなマイナスなことすらも、生きていく過程のなかで大事に思えるような2人の時間やそれを経た関係性を見せられたら」とアピールする。

一方、頑固なヒロイン・小春を演じる新木は「原作も脚本もとてもすてきな作品で、ヒロインに選んでいただき光栄に思っています!」と感激。小春については、「明るいところなど自分に似ているところがたくさんある女の子だったのでびっくり」と中島とは異なり、先に共感を示しながら、「人に心配させないように明るくしている器用な部分もあるので、そこは悲しいとかうれしいとかがすぐに顔に出てしまう自分とは違うかな」とその印象を口にする。さらに「『ごはん』が大きなキーワードになる作品で、衣食住という人間の生活の基本に『食』があるように、2人にとっても大事な『食』が2人をつないでいるのでそこも大切に演じられたら」と意気込みを見せた。

2人のほかのキャストに、葉山に思いを寄せる鈴原えみり役の美山加恋、葉山の友人・塚原優介役の岡山天音も出演。さらに、一度離れてしまった2人を結ぶキーパーソン・山崎真喜子役の片桐はいり、小春が絶対的に信頼する祖母・芽衣子役の松原智恵子らが脇を固める。

映画は今年1月末からタイで本編撮影を開始し、2月末のクランクアップを予定。なお、映画化に際して、原作の文庫版が2月24日に発売されることも決定した。

(C)2017「僕らのごはんは明日で待ってる」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

秋葉原で一番くじ『艦これ』×『アニON STATION』のコラボイベントを開催
[18:00 7/30] ホビー
冬目景の新連載がバーズで、ミュージシャン父に持つ女子高生と美人転校生描く
[17:44 7/30] ホビー
[生駒里奈]「もっと血だらけになりたい」ホラー第3弾へ意欲
[17:01 7/30] エンタメ
[リトルマーメイド]「名古屋四季劇場」オープニング作 人魚が宙を“泳ぐ”演出に注目 あすチケット発売
[17:00 7/30] エンタメ
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』第五章のあらすじ&先行場面カット
[17:00 7/30] ホビー

本音ランキング