手倉森監督、決勝で選手に託した思い「勇気と感動を日本へ」

 

優勝カップを掲げる手倉森監督 [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 試合後、手倉森誠監督が記者会見に臨んだ。

 優勝を果たした手倉森監督は、「ドラマチックだったな、と思う。日本に優勝を届けられて良かった。選手たちには『もう一度、自分たちの勇気と感動を日本へ届けよう』と話していた。それを届けられて良かったと思う」と喜びを語り、決勝のゲームプランについて、以下のように明かした。

「ゲームプランは、“後半に仕留めて2-0で勝つ”というのが頭の中にあった。両チームとも、先制点を取りながら勝ち上がってきたチームだったが、“もし(先制点を)取られたら”という話も、選手たちにはしていた。後半には韓国の足が止まるので、後半勝負だなという話もしていた。ただ、前半の失点と後半の早い失点があって、まさか2点差をつけられるとは思っていなかった」

「でも、思った以上にこちらの仕掛け、開き直りからの仕掛けが良くて、逆転することができた。2失点目は僕の責任。後半の頭からシステムも変えてメンバーも代えた。少し耐える時間を作って、終盤にまた2トップに戻して逆転できればと思っていたけれど、チームの重心が少し後ろに行ってしまって、2失点目を喫してしまった。その後に逆転までたどり着けたのは、韓国が3点目を逃してくれたというところも非常に大きいと思う。ただ、あれだけ外してくれると『こっちに(流れが)来るな』という思いもありながらやっていたし、全然負ける気はなく、ひっくり返せたのかなと思う」

 優勝を果たした日本は、アジア王者としてオリンピックに臨む。ただ、手倉森監督は課題が多いと強調。「優勝はしたが、世界やオリンピックでの戦いを見据えたら、まだまだ足さなければいけないところがある。私も選手たちも、そう気付けたのではないかと思う。ありとあらゆる部分の能力を高めないといけない。それは選手も気付いていると思うし、僕も感じている。攻守両面においてまだまだ高めないといけないし、本当に全部(が課題)だと思う」と、さらなる向上を誓っていた。

 最後に手倉森監督は、「今大会を通じて、選手たちから気付かされたものはあるか」と問われ、「一緒に長く生活していて、“本当に高まりたい”という意欲を毎日ビシビシ感じていた。間違いなく可能性のある選手たちだと強く感じていた。だからこそ、やってのけてくれたのだと思う」と、選手たちの成長意欲を称えていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

江ノ電「ゴマちゃん号」8月運行 - 『少年アシベ』の特別企画「湘南アシベ」
[23:35 7/28] ホビー
小田急電鉄、いきものがかり野外ライブ会場の最寄り駅へ特別列車を直通運転
[23:24 7/28] ホビー
[トータルテンボス・藤田&千原せいじ]出版イベントで“又吉超え”宣言
[23:22 7/28] エンタメ
JRグループ、お盆の予約状況はおおむね好調 - 北海道新幹線は前年比261.8%
[23:16 7/28] ホビー
サトルワタシハイマモアナタガスキデス「真悟」Tシャツなど楳図グッズに新作
[22:06 7/28] ホビー