久保裕也、A代表入りへ意欲「その気持ちは常に持っている」

 

今大会3ゴールを挙げた久保裕也(右) [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 フル出場で勝利に貢献したヤング・ボーイズFW久保裕也が試合後、記者団の取材に応じた。

 久保は決勝を振り返って、「日本が相手だと(韓国は)やはり激しく来ると思いました。でも、絶対に落ちてくると思っていたので、落ち着いてやっていました」とコメント。後半開始早々に2点ビハインドを負う苦しい展開だったが、「(気持ちは)全然落ちていなかったです。『絶対に逆転してやる』と思っていましたし」と、メンタル面でのショックはなかったと明かした。

 優勝という最高の結果でオリンピック出場権を獲得した日本。久保は今大会で見つかった課題を問われ、「世界が相手だと個人能力がもっと高い。個人でやられる場面もたぶん、世界(相手)だと多いと思う。1人ひとりの能力が上がらないと厳しいかなと。僕個人ももっと強くなりたいし、うまくなりたいです。そういう部分は必要だと思います」と、さらなる向上を誓った。

 そして、A代表入りへの意欲を聞かれると、「それもチームでの結果が全てだと思う。もちろん(A代表に)入りたいという気持ちは常に持っているので、またチームで頑張りたいと思います」と、所属クラブでの活躍を見据えていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電