大会3得点で優勝に貢献…久保裕也「やっていくうちに成長できた」

相手と競り合う久保裕也 [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 試合後、ヤング・ボーイズFW久保裕也がインタビューに応じた。

 フル出場で勝利に貢献した久保は、嬉しそうな表情で優勝カップを掲げた。「かなり嬉しかったです」と、第一声を発し、「0-2でリードされていたので、劇的な勝利で本当に嬉しかったです」と繰り返した。

 決勝は韓国に2点を先行される、苦しい展開となった。「前半は苦しい場面が多かった。後半にチャンスが来ると思ってやっていた。そのチャンスで決めることができて良かったと思う」と振り返った。

 今大会、日本は6試合で計15得点を挙げた。10選手で記録した15ゴールについて久保は「やっていくうちに成長できたと思う。いろいろな選手が点を取れたことが良かった」と話し、自身の3ゴールという記録については「まだまだ満足できる結果ではないけど、オリンピック(出場)を決めて、優勝できたことには満足している」と、さらなる向上を誓った。

 今夏に行われるリオデジャネイロ五輪は、8月4日にグループステージが開幕し、20日に決勝が行われる。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事