ついにたどり着いた頂点…手倉森監督「日本をサッカーで明るい国に」

 

優勝カップを掲げる手倉森監督(中央) [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 試合後、手倉森誠監督がインタビューに応じた。

 目を潤ませた手倉森監督は「スリリングな、見応えのある試合だった。ちょっと大味になった時間帯もあったけど、2点を取られたので開き直って仕掛けるしかなかった。でも、“勝つことになっていたのかな”と。そんな気持ちです」と、試合の感想を語った。

 日本は今大会で初めて先制点を許し、リードを2点に広げられる苦しい展開を強いられた。手倉森監督は「韓国に2点を取られて、自分自身が目を覚ましてもらった。2-0で勝つつもりだったので。2点目を取られた時には相当、プランが崩れた」と、ゲームプランどおりとはいかなかったことを明かしつつ、「リードされた時のことも考えながら、交代の順番が当たった。浅野(拓磨)とトヨ(豊川雄太)で仕留められればと思っていた。選手たちがよく頑張った」と、選手たちを称えていた。

 過去の大会では、日本は韓国を相手に苦汁をなめていた。手倉森監督はリベンジの思いがあったことも明かし、「韓国には今まで勝っていなくて、その悔しさもあった。そう簡単には勝てないけど、こういう勝ち方をできるようになった。もっと鍛え上げて、安心して見られるチームにしたい」と今後を見据え、「2点を取られてムカついていたので、優勝してスッキリしましたね」と、正直な心情も吐露していた。

 今大会は、カタールでの集中開催。日本国内での試合は行われなかったが、手倉森監督は応援の力を感じていたという。

「日本が盛り上がっているという情報を得て、パワーを感じていた。これからの日本サッカーを、この状況から世界に届くところまで押し上げていきたい。不可能はないんだというメッセージを受け取って、日本をサッカーで明るい国にしたい」

 そう言った手倉森監督は「女子もがんばってください!」と、来月29日からオリンピック最終予選に臨むなでしこジャパンにもエールを贈っていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スバル、次世代プラットフォーム採用の新型「インプレッサ」を公開
[13:36 7/26] テクノロジー
残業30時間以下で株価上昇している企業ランキング、1位は?
[13:33 7/26] マネー
【連載特別企画】DMM.comのビジネス向けロボット「Palmi」が実現するワークスタイルの未来とは? 第3回 ロボットはスマホのような当たり前の存在に? PwCコンサルティングの取り組みとは
[13:30 7/26] テクノロジー
夫婦のLINE 第125回 アカウント1つのみって非常に困る
[13:30 7/26] ライフスタイル
[ハロー!プロジェクト]名古屋で初の定期公演スタートへ シネコン舞台に独自演出 「ボイメン」と日替わりで
[13:17 7/26] エンタメ