「悔しさを糧に努力」…優勝を喜ぶ主将MF遠藤航「本当に嬉しい」

 

優勝カップを掲げる遠藤航(中央左) [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 試合後、浦和レッズMF遠藤航がインタビューに応じた。

 キャプテンとしてチームを引っ張ってきた遠藤は「優勝するためにこの大会に臨んでいた。チームが1つになって、優勝カップを掲げることができて本当に嬉しい」と喜びを語り、「(韓国に)2点を先行されて苦しい展開になったけど、最後まで諦めずに自分たちの気持ちを全面に出してプレーしたからこそ、3点を取ってひっくり返して勝てたと思う。良いチームになれた」と、チームの成長を感じつつ、決勝を振り返っていた。

「1人ひとりが自分にできることをやったと思う。みんなで掴み取った勝利。アジアで勝てていない世代なので、“本当にリオ(オリンピック)に行けるのか”という不安を皆さんが持っていたと思う。そういう悔しさを糧にして努力してきた。少しずつ成長することができたと思う。本当に嬉しい」

 今までの悔しさと苦悩を言葉に紡いだキャプテンは「このチームの良さは一体感だと思う。ゴールを取ればみんなが喜ぶし、誰が出ても同じサッカーができる」と、頂点にたどり着いたチームを称した。

 今夏に行われるリオデジャネイロ五輪は、8月4日にグループステージが開幕し、20日に決勝が行われる。本大会に向けて、遠藤は「ここからが本当に厳しい戦いになる。チームとしてもそうだけど、もっともっと個人が成長しないといけない。この優勝に満足せず、努力していきたい」と、抱負を語っていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

木南晴夏、滝沢秀明演じる海里の妻役に -『せいせいするほど、愛してる』
[23:00 7/26] エンタメ
坂上忍、南キャン山里の酒癖の悪さ暴露「あれはヤバイ」「最低だよ!」
[22:54 7/26] エンタメ
[浪川大輔]リメーク版「ルーツ」吹き替えしみじみ 「行き当たりばったりの人生だったな」
[22:31 7/26] エンタメ
[ボイメン水野豊]夢は紅白&レコ大 結成6年目のメジャー契約で「恩返ししたい」
[22:31 7/26] エンタメ
ツチカ、error403らユースカ作家が、閉館する渋谷パルコの壁に落描き
[22:23 7/26] ホビー