ハノーファー山口蛍が欧州デビュー…先発で日本人27人目のブンデス出場

 

合宿中に親善試合に出場したハノーファーMF山口蛍 [写真]=Getty Images

 ハノーファーに所属する日本代表MF山口蛍が30日、ブンデスリーガデビューを果たした。

 現在25歳の山口は、今冬にセレッソ大阪から同代表MF清武弘嗣と同DF酒井宏樹の所属するハノーファーに移籍。リーグ戦のウィンターブレイク中だった昨年12月21日に移籍が発表され、今月5日に現地ハノーファーで加入会見が行われた。

「自分も戦う気持ちを出すプレーヤーだというところをチームに見せていきたいし、そういう気持ちで引っ張っていきたい」と会見で意気込んでいた山口。活躍を見せる最初の舞台は、移籍後公式戦2試合目となったブンデスリーガ第19節のレヴァークーゼン戦で訪れた。

 前節、ベンチ入りしたものの出場機会のなかった山口は、今節のスターティングメンバーに名を連ねて初出場。欧州デビューを飾り、ブンデスリーガに出場した通算27人目の日本人選手となった。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー