フランスの国民的おやつ“シューケット”がブームの予感。塩、キャラメル、チョコ、いちごジュレでどうぞ

 

フランスの国民的おやつ“シューケット”がブームの予感。塩、キャラメル、チョコ、いちごジュレでどうぞ

東京メトロ押上駅から直結。東京スカイツリーのおひざもと、東京ソラマチの1階に「シューケット」はあります。

フランスでは近年、フレンチの巨匠アラン・デュカス氏が、庶民的なイメージだったシューケットをおしゃれにプロデュースし、大ブームになっています。

そんなデュカス氏が展開する数々のレストランで長年シェフを勤めてきたという千葉ともみさんが、こちらの店舗用のレシピをプロデュースしています。

オリジナルレシピのシューケットに生クリームやソースをプラスし、新たなシューケットを考案しました。

こちらがお目当ての「シューケットスクレ」(518円)です。

いちばん人気の塩キャラメル味をいただいてみると、シュー生地はかなりサクサクしています。さらに、サトウダイコンから作られたというパールシュガーが噛むとシャリッとして、口のなかで溶けていく不思議な食感を生み出しています。

とても上品な甘さで、高級感が感じられます。

これだけでも十分おいしいのですが、ここに甘さ控え目のホイップクリームと塩キャラメルの苦味が加わるので、一度食べたら止まらなくなるおいしさです。

シューケットの味は、全部で3種類(各518円)。こちらは濃厚なカカオの香りとすっきりとした甘さで、大人向きのビターなショコラの味です。

こちらは、お店イチオシの果肉たっぷり いちごのジュレ味。農林水産大臣賞を受賞した農家が作るいちご・紅ほっぺを使い、果肉を残して仕上げています。甘みと酸味がほどよく、ジャムよりもさらっとした食感で、シュー生地によく絡みます。

こちらは「シューケット・サレ」(572円)。

シューケット・スクレと同じ生地に、塩、ブラックペッパー、チェダーチーズのような濃厚なシュレッドチーズを加え、オーブンで焼き上げています。

シュレッドチーズをオーブンでカリカリに焼き、ガラムマサラを加えたスパイスチュイールという薄いクッキー付きです。

店内にはスタンド席があり、シューケット・スクレに合う酸味のあるほろにが「コーヒー」(410円)や、サレに合う「白ワイン」(918円)などのドリンクもあるので、一緒にどうぞ。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー