2年連続最下位からの逆襲!今年もヤクルト・真中満監督の“マジック”に期待

 

昨シーズンはヤクルトを優勝へと導いた真中満監督

◆ いまでも記憶に新しい、ドラフトでの“事件”

 昨シーズンからヤクルトの新監督に就任した真中満監督。前年まで2年連続でリーグ最下位だったチームを引き継ぐと、1年目からいきなりのリーグ優勝を達成した。

 日本シリーズではソフトバンクに歯が立たず、涙をのむことにはなったのだが、それは今季のリーグ連覇と日本一再挑戦への糧にする意気込みでいる。

 栃木生まれで、愛嬌のある顔立ち。誰からも慕われるという人間性が、真中監督の持ち味だ。

 おっちょこちょいな性格も、選手から愛される理由の一つだろう。記憶にあたらしいのが昨年10月のドラフト会議での“事件”。

 明治大の高山俊を1位指名し、阪神と競合。くじ引きとなった。その際、くじに書かれた「NPB」の文字を当たりと勘違いし、右手を挙げて大喜び。誰もが、高山はヤクルトだと思った。だが、実際には阪神が交渉権を獲得。真中監督の勘違いだったことが判明した。

 何とも間の抜けた話だが、それも真中監督の笑い顔を見るとつい許してしまう。それが、真中監督の人間性と言える。


◆ 「自主性」の尊重

 そんな性格ではあるが、卓越した打撃論で強いヤクルトの屋台骨を作り上げたのは、ほかでもない真中監督自身だった。

 2009年からヤクルトのニ軍打撃コーチ、11年にはニ軍監督を歴任。そのときに育ったのがいまや主軸を張る山田哲人であり、畠山和洋であり、川端慎吾なのだ。

 山田は昨シーズン球団初のトリプルスリーに輝き、本塁打王と盗塁王を獲得。畠山は打点王、川端は首位打者に輝いた。この3人で主要打撃部門を独占し、リーグ優勝に大きく貢献した。

 昨季、真中監督が就任後初のミーティングで、選手たちにこう話したという。

 「自主性を大切にしろ」

 2013年、14年と2年連続最下位に甘んじたチームに自主性はそぐわないような気もするが、真中監督の考えは違った。

 「これまでのヤクルトは、キャンプでメニューを消化するだけで満足していた。メニューを消化することだけを考え、自分から何かを考えて練習するという習慣がなかった。だから、それをやめようと。自主的に何を練習したらいいのかを考えろ、ということを伝えたかった」。

 なるほど、と思う。打撃理論にしても、コーチ時代には「こう打て」、「ああ打て」とは言わず、選手の特性や打ち方を尊重。上から押しつけることは決してしなかった。

 コーチがアドバイスし、選手がそれをマスターしようとする。かつては、それでもよかったのかもしれない。打ち方には正解があって、それに近づけようとする…。それでよかった。だが、今は違う。あのイチローが独特の振り子打法で成功したように、選手それぞれの打ち方がある。それを最大限に認めることから、打撃指導が始まるのだ。


◆ 野村監督以来のリーグ連覇へ…

 ヤクルトの強力打線を作りあげた功労者ではあるが、自身の現役時代は目立ったタイトル獲得もなく、どちらかといういと地味なプレーヤーだった。

 それでも俊足を買われ、パンチ力ある打撃も備わった1998年に外野のレギュラーを獲得。ここぞという場面でよく打ち、いぶし銀の活躍で野球ファンをうならせた。

 監督としても“いぶし銀”の采配が光り、就任1年目での優勝を成し遂げた真中監督。今年はディフェンディング・チャンピオンとして、野村監督時代の1992、93年以来のリーグ連覇がかかる。

 今年も真中マジックで、セ・リーグを盛り上げてもらいたい。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

渡辺麻友、AKB演技バトル1位に喜び爆発「心臓止まった!うそ!?うれしい!!」
[02:00 9/29] エンタメ
声優・山崎エリイ、ソロデビュー曲「全部キミのせいだ」のMVを公開
[01:06 9/29] ホビー
『バンドやろうぜ!』、10/11配信開始予定! ゲーム紹介PVを公開
[00:27 9/29] ホビー
[ロロッロ]「みつどもえ」作者の新作 チャンピオンで連載開始
[00:00 9/29] ホビー
[あつまれ!ふしぎ研究部]「侵略!イカ娘」作者の新作 チャンピオンで連載開始
[00:00 9/29] ホビー