本屋でバイト……のはずなのに、その仕事はテニス!?志賀伯がSTORIAで新連載

志賀伯「井の中の本子(ほんこ)さん」第1話の扉ページ。

志賀伯「井の中の本子(ほんこ)さん」が、本日1月30日に発売されたまんがライフSTORIA vol.16(竹書房)にてスタートした。読み切りで人気を博した作品の連載化だ。

「井の中の本子(ほんこ)さん」の物語は、本にしか関心を持てなかった女子高生・片瀬戸本子(かたせともとこ)が、もっと社会に馴染もうとアルバイトを始めたところから始まる。大好きな本屋で見つけた募集のポスターに惹かれて申し込みをするも、なぜか本子はテニスをするハメに。

なお今号では、Vol.15に掲載されていた椋木ななつの読み切り「わたしたちの不適切な関係」も再登場。また小坂俊史「これでおわりです。」は最終回を迎えた。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事