Googleのバグ発見プログラム、報奨金の支払総額が600万ドルに

 

tagt=Google

Googleは1月28日、バグの発見と報告に対し報酬を支払う「Security Reward Program」の20105年度のレビューを報告した。

Security Reward Programは、同社が2010年に開始した脆弱性発見報酬プログラム。外部のセキュリティ研究者にバグの発見と報告を促すことで、「Google Chrome」などGoogleの製品やサービスの安全性改善を図る目的を持つ。

今回のSecurity Reward Program 2015 Year in Reviewは2015年のハイライトをまとめたもので、昨年より開始した年次報告となる。

それによると2015年、同プログラムの下で開発者や専門家に支払われた報酬の合計金額は200万ドル以上となった。報酬金額は、2010年にプログラムを開始以来、累計で600万ドルを上回っているとのことだ。今年は300人以上の開発者が報酬を受け取ったという。

2015年は「Android Security Rewards」として、6月からAndroidも対象に含めており、Android関連で20万ドル以上を研究者らに支払ったという。なお、1回につき1人に支払った最大の報酬金は3万7500ドルだった。

また、2015年はバグ調査の前に研究者らに資金を提供する「Vulnerability Research Grants」も開始した。バグの調査を行う研究者が、発見につながらない場合でも確実に報酬を得らえるようにするもので、この報奨金を受けたロシアの研究者はその後、「YouTube Creator Studio」で動画を削除できてしまうバグを発見するに至ったなどの成果があったと報告している。

この研究者はこのバグ発見に対し、追加で5000ドルの報酬を受け取ったとのことだ。12月には、「Google Drive」に関連したセキュリティ研究に100万ドルの投資を行う計画も発表している。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス

求人情報