武藤が先発に復帰…マインツ、GKの好セーブに救われ4戦ぶりの勝利

 

ボルシアMG戦で先発出場したマインツFW武藤嘉紀(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第19節が29日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツとボルシアMGが対戦した。

 前節、昇格組のインゴルシュタットに0-1で敗れ、シーズン後半戦黒星スタートとなった8位マインツ。ここ3試合で得点を奪えず、勝利からも遠ざかっている。今節は、ホームに4位ボルシアMGを迎えて、4試合ぶりの白星を狙う。前節、開幕節以来の途中出場だった武藤は、1トップで2試合ぶりの先発出場となった。

 試合は21分、マインツが均衡を破る。左サイドのハイロ・サンペリオが中央へ切り込み、相手を3人かわして横パスを選択。ペナルティエリア手前中央のクリスティアン・クレメンスが、そのままフリーで右足を振り抜くと、ブレ球のシュートはゴール右に突き刺さった。マインツは4試合ぶりの得点で先制に成功した。

 追い付きたいボルシアMGは35分、カウンターからチャンスを作る。左サイドを抜け出したヨナス・ホフマンのパスから、走り上がったラファエウがエリア内左でシュートを放つが、GKロリス・カリウスに阻まれた。一方のマインツは44分、エリア手前左でパスを受けたユヌス・マッリが、枠の右下隅を狙った右足シュートを放つが、反応したGKヤン・ゾマーに弾き出された。前半はマインツの1点リードで折り返す。

 後半に入って膠着状態が続く中、マインツは67分、武藤を下げてジョン・コルドバを投入し、追加点を狙う。ボルシアMGは73分、立て続けにチャンスを迎える。味方のスルーパスでエリア内左に抜け出したオスカル・ヴェントが、飛び出したGKカリウスもかわしてクロス。中央でラース・シュティンドルがヘディングシュートを放つが、相手DFガエタン・ブスマンに頭でブロックされる。さらに、こぼれ球に反応したラファエルが、DF3人の並ぶゴールにフリーでシュートを放つが、懸命に戻ったGKカリウスの好セーブに阻まれた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、GKを中心に守り切ったマインツが1-0で4試合ぶりの勝利。シーズン後半戦初白星を収めた。なお、先発出場した武藤は67分までプレーした。一方、ボルシアMGは2連敗で、シーズン再開後初勝利はお預けとなった。

 マインツは次節、2月6日にアウェーで日本代表のMF清武弘嗣、MF山口蛍、DF酒井宏樹の所属するハノーファーと対戦。ボルシアMGは同5日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
マインツ 1-0 ボルシアMG

【得点者】
1-0 21分 クリスティアン・クレメンス(マインツ)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

新しいデザイン言語でリニューアル - デル、14型/15.6型ノートPC「New Vostro」発表会から
[08:50 9/29] パソコン
ドスパラ、NUC規格準拠のクリエイター向け小型PCにSkylake搭載モデル
[08:34 9/29] パソコン
ビル・ゲイツ氏へ生Skypeのハプニングも! MSの働き方変革が生んだもの - ワークスタイル変革DAY
[08:30 9/29] 企業IT
Facebookが女性支援イベントで教えた「Facebookページ運用」の問題点
[08:00 9/29] 企業IT
アン・リー監督最新作、来年2月公開! アメリカ社会の"今"を描く
[08:00 9/29] エンタメ