戦国舞台にした和田竜の小説「村上海賊の娘」マンガ版1巻、吉田史朗が描く

 

「村上海賊の娘」1巻

「のぼうの城」「忍びの国」などで知られる和田竜の小説「村上海賊の娘」のマンガ版の1巻が、本日1月29日に発売された。

「村上海賊の娘」は天下統一を間近にして無敵を誇っていた、織田信長軍に単身で挑む海賊の娘・景の活躍を描く物語。単行本は2013年に新潮社から刊行され、第35回吉川英治文学新人賞や第11回本屋大賞に輝いた。

マンガ版は週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載され、「マガツクニ風土記」の吉田史朗がコミカライズを担当。原作ではカットされたシーンも描かれているというマンガ版には、和田も「小説ファンの方はきっと楽しんでもらえるはず」と太鼓判を押している。迫力のある合戦のシーンにも注目だ。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

大学1・2年生が就職したい企業、1位は?
[10:55 8/29] シゴト
ブリトニー・スピアーズ、波に襲われ「溺死しそうだった」
[10:51 8/29] エンタメ
声優・麻倉ももがHoneyWorksプロデュースでソロデビュー決定
[10:37 8/29] ホビー
Mac Fan 10月号発売! 特集は「IBM x Appleのビジネス大変革」
[10:37 8/29] パソコン
全部200kcal以下! 残業後でもパパッと作れる「太らない残業ごはん」発売
[10:37 8/29] ヘルスケア

本音ランキング