米Facebook、ライブ動画サービスの正式提供を米国で開始 - 地域は順次拡大

 

米Facebookは28日(米国時間)、ライブ動画の共有サービス「Live」の提供を開始した。まずは米国のみの提供となり、端末はiPhoneをサポートする。その後数週間で提供地域を拡大する予定だ。

Facebookのライブ動画配信サービス。近況アップデートのアイコンをタップして開始する。視聴している友達とコメントも表示される(右)。

Liveは12月にテスト提供していたFacebook上でライブ動画を共有できる新サービス。近況アップデートからLive Videoアイコンをクリックすることで利用可能。ライブをスタートする前に動画に説明を加えたり、共有する相手を選択でき、ライブ配信中は、視聴者の数や名前、コメントをリアルタイムでチェックできる。配信終了後は動画をタイムラインに保存され、通常の動画と同様の扱いとなり、削除にも対応する。

友人のライブ動画はニュースフィードに表示される。視聴中にサブスクリプション(フォロー)ボタンをタップすると、次回その友人が再び配信するとその旨の通知が届くようになる。

Liveは現時点ではiPhoneアプリのみのサービスだが、間もなくAndroidにも対応するとしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

大学1・2年生が就職したい企業、1位は?
[10:55 8/29] シゴト
ブリトニー・スピアーズ、波に襲われ「溺死しそうだった」
[10:51 8/29] エンタメ
声優・麻倉ももがHoneyWorksプロデュースでソロデビュー決定
[10:37 8/29] ホビー
Mac Fan 10月号発売! 特集は「IBM x Appleのビジネス大変革」
[10:37 8/29] パソコン
全部200kcal以下! 残業後でもパパッと作れる「太らない残業ごはん」発売
[10:37 8/29] ヘルスケア