アップル、電源プラグの交換プログラム開始 - 故障時に触ると感電の恐れ

アップルは、海外向けに設計されたApple AC電源プラグの交換プログラムを開始した。

交換対象となるのは、ヨーロッパ大陸、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、アルゼンチン、ブラジル向けに設計された、2芯のApple AC電源プラグ。米国や英国、日本向けのAC電源プラグや、Apple USB電源アダプタなどは対象外。

交換対象の電源プラグは、2003年から2015年にかけ、Macや一部のiOSデバイス、Appleワールドトラベルアダプタキットで同梱されたもの。ダックヘッド部の故障時に手で触れると、感電する恐れがある。

対象のAC電源プラグ(左)と、新設計の電源プラグ(右)。交換対象の電源プラグでは、ダックヘッドのくぼみ部分に4~5文字が記載されているか、もしくは文字が記載されていない

対象となる電源プラグでは、ダックヘッドのくぼみ部分に4~5文字が記載されているか、全く文字が記載されていない。一方、新設計の電源プラグには、くぼみに3文字の地域コード(EUR、KOR、AUS、BRAなど)が記載されている。

交換プログラムでは、交換対象の電源プラグを、新設計の電源プラグに無償交換する。交換は、Apple Store直営店でGenius Barの予約をするか、正規サービスプロバイダで行なう。交換手続きには、自身のMac、iPad、iPhone、iPodいずれかのシリアル番号を提示する必要がある。

人気記事

一覧

新着記事