「ステーキ宮」が町田市にオープン! こだわりの"宮のたれ"が東京初上陸

 

アトムは2月4日、「ステーキ宮 町田木曽店」を東京都町田市に、「ステーキ宮 戸塚平戸店」を神奈川県横浜市にオープンする。

看板メニュー「宮ロース150g」(税別1,380円)

ステーキ専門店「ステーキ宮」は、「おいしいステーキをもっと多くの人に気軽に食べてもらいたい」という願いから、栃木県宇都宮市に生まれた創業39年のブランド。関東、北陸、甲信越、東北、東海、関西、北海道など28都道府県に展開しており、今回が東京初出店だという。

創業以来変わらぬ味を守り続けている「宮のたれ」は、厳選した玉ねぎ、にんにく、酢、醤油を使用し、独自の製法で熟成。おいしくステーキを楽んでもらうため、シンプルでありながらも素材の味を生かしたブレンドで造られ、栃木ではおなじみステーキソースとなっているとのこと。代表的なメニューは、「宮ロース150g」(税別1,380円)。

「ステーキ宮 町田木曽店」の外観

営業時間は、11時~23時(ラストオーダー22時30分)、ランチタイムは11時~16時。席数は、全120席。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

https://news.mynavi.jp/itsearch/article/devsoft/1755
[10:30 8/24] 企業IT
AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電