Synology、HW暗号化エンジンとコード変換エンジン搭載の2ベイNASサーバ

 

台湾Synologyは29日、ホームユーザーや小規模オフィス向けの2ベイNASサーバ「DiskStation DS216+」を発売した。価格はオープン、店頭予想価格は58,000円前後。

DiskStation DS216+

CPUにIntel Celeron N3050(1.60GHz)を搭載する2ベイNASサーバ。Intel AES-NIによる暗号化機能が組み込まれているほか、ハードウェアアクセラレーションによるコード変換エンジンを搭載。H.264の4Kサイズの動画を1080pサイズにコード変換しストリーム再生できる。転送速度はリード/ライトとも最大111MB/sと高速。暗号化されたデータもリード最大113MB/s、ライト最大109MB/sの転送が可能。

USBコピーボタンを備え、USBポートにストレージを接続してボタンを押せば簡単にデータをコピー。本体正面にはLEDインジケータを配置し、動作の予約時間などに合わせて4段階で明るさを調整できる。HDDの組み込みはツールレスだ。RAID機能は、RAID 0 / 1 / Synology Hybrid RAID / Basic / JBODなどに対応し、ホットスワップも可能。

OSにはDiskStation Manager(DSM)を採用する。直観的な操作で、バックアップやネットワーク管理などを行え、アプリの追加にも対応。ファイルシステムにはBtrfsを採用し、データ保護を強化している。スナップショット技術によるバックアップ、復元やデータの整合性チェック、メタデータのミラーリング、共有フォルダの割り当てコントロールなども利用可能だ。

そのほか、メモリはDDR3 1GB、インタフェースはGigabit Ethernet対応有線LAN×1基、USB 3.0×1基、USB 2.0×2基、eSATA×1基。最大ユーザーアカウント数は2,048、ファイル転送の最大数は256。本体サイズはW108×D233.2×H165mm、重量は1.25kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Windows 10ミニTips 第111回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - LastPass編
[00:00 8/26] パソコン
ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、初来日に喜び「ずっと来たかった」
[23:27 8/25] エンタメ
iPhone 7/iPhone 7 Plusの登場に何が期待されるか? - 松村太郎のApple深読み・先読み
[23:05 8/25] スマホとデジタル家電
『魔法つかいプリキュア!』、Blu-ray vol.1の描き下ろしジャケットを公開
[23:02 8/25] ホビー
岡崎京子×ロッキング・オンのロックT登場!「pink」などモチーフにした3種
[22:40 8/25] ホビー