インフォテリアとトレージャーデータが連携し、データの見える化を推進

インフォテリアは1月28日、トレジャーデータが提供するクラウド型のデータマネジメントサービス「トレジャーデータサービス」とのデータ連携に、インフォテリアのEAI/ESB製品であるASTERIAシリーズの「ASTERIAWARP(アステリアワープ)」が対応し、双方で検証が完了したことを発表した。

システム構成図

トレジャーデータサービスは、各種データベースやファイルシステムからデータを抽出する機能とクラウド上に保存する機能を備える。最近ではIoT(Internet of Things)の利活用を検討している企業が増加し、大量のデータをクラウドで集計・管理を行うトレジャーデータサービスへの注目も高まっている。

しかし、多くの国内企業では既存システムや、さまざまなクラウドサービス、インターネット上のデータを分析の対象とする要望が数多く存在しているという。

一方、ASTERIAWARPは異なるコンピューターシステムのデータをノンプログラミングで連携できるミドルウェア。メインフレームやクラウド上のサーバーから表計算ソフトまで、さまざまなシステム間の接続とデータの変換を行うロジックを複雑なプログラミングなしで行い、既存システムから最新のサービスまで連携することができる。

今回の連携によるメリットは、トレジャーデータサービスで各種データベースやファイルシステムから抽出したデータに対して、ASTERIAWARPが既存システム、クラウドサービスなどのデータを統合し、送付することでデータの見える化を推進するものだという。

また、データの集計結果を帳票とする際にもASTERIA WARPを利用してExcelの帳票とすることが可能なためきめ細やかな帳票出力に対応し、互いのメリットを活かせる協力関係を築くことができるという。インフォテリアでは今後もASTERIAWARPの多様なデータソースとの連携機能を駆使し、最新のクラウド環境に対応するなど社内業務のクラウド化による利便性を引き出せるITソリューションを構築していく方針だ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事