蝶野正洋、戦車にハマったきっかけは『ガルパン』- ギャップに共演者も困惑

 

プロレスラーの蝶野正洋

プロレスラーの蝶野正洋が、28日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』(毎週木曜23時00分~23時30分)に出演し、アニメ『ガールズ&パンツァー』の魅力を語った。

「日本の軍事情報開示を訴える極悪レスラー」という紹介で登場した蝶野。中でも特に戦車に興味があるという彼は、冒頭から周囲を置き去りにした熱い"戦車トーク"を展開した。続いてそのきっかけになった作品として、アニメ『ガールズ&パンツァー』が取り上げられると、共演者からは蝶野のイメージからかけ離れた"萌え系"を思わせるビジュアルに驚きの声が上がった。

『ガールズ&パンツァー』は、戦車を使った武道"戦車道"が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている架空の世界を舞台とした作品で、「美少女×戦車」という異色の組み合わせが話題に。また主人公たちの通う学校が「大洗女子学園」という設定で、本作と茨城県・大洗町はさまざまなコラボレーションを幾度となく実施するなど現実世界とリンクしているほか、劇中に登場する戦車が実物を精密に再現していることから、アニメファンのみならずミリタリーファンを巻き込んで人気を博している。

蝶野と『ガルパン』との出会いは2015年7月。大洗町で行われたイベントにて、『ガルパン』のイベントステージの後が偶然、蝶野のステージだった事がきっかけで、その際のイベントの様子や、街に設置されているキャラクターの看板などでガルパンに触れ、関係者と食事などで交流を経て、『ガルパン』のTVシリーズを全話視聴するに至る。その後、11月15日に行われた「大洗 あんこう祭」のステージでは、蝶野の「ガルパン応援大使」就任が発表。2015年11月より公開中の劇場アニメ『ガールズ&パンツァー 劇場版』のTVCMへの出演も果たしている。

『アウト×デラックス』で蝶野は"オススメシーン"として、全国大会決勝戦で主人公・西住みほが在籍する「あんこうチーム」が、渡河中にエンストを起こしてしまった県立大洗女子学園の仲間である「ウサギさんチーム」を助ける場面を紹介。勝利よりも仲間を助けることを選んだみほたちの姿に「熱い友情」を感じたという蝶野は、かつてハルク・ホーガンらによって結成されたプロレスラーユニット「nWo(ニュー・ワールド・オーダー)」に加盟した際、「トップのプロレスラーはビジュアルも大事である」というアメリカ側の主張により、同志である天山広吉、ヒロ斎藤らと一緒での参加が認められなかった経験が重なり、「あそこでこうやっておけばよかったな」という思いがあることからこの友情シーンにグッときてしまうのだと説明。蝶野はその後「TEAM2000」という団体を立ち上げ、そこには天山らも参加している。

最後に蝶野は、「今までアニメって全く興味なかったけど、アニメって言ってもいろんなもん入ってますよ」と共演者に向けてその魅力を訴えた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー

本音ランキング