『おかあさんといっしょ』新キャラトリオ登場! 歴代初のロボットがメイン

 

NHK Eテレの子供番組『おかあさんといっしょ』人気コーナー「ぬいぐるみ人形劇」の新キャラクター発表会見が28日、東京・渋谷の同局で行われ、ユニークな仲間たちがお披露目された。

「ガラピコぷ~」に登場するムームー、ガラピコ、チョロミー(左から)

1959年に同番組が開始した翌年から初代「ブーフーウー」がはじまり、その後、長きにわたって子供たちに親しまれているぬいぐるみ人形劇。これまで、12タイトルが放送されており、4月から13代目「ガラピコぷ~」がスタートする。同作は、大きなホシノキが見守る惑星「しずく星」を舞台に、キュートなハリケーンウサギ・チョロミー、ひよこのハートを持つオオカミ・ムームー、おしゃべりな探査ロボット・ガラピコの3人が、お互いの心を結んでゆく友情物語。

会見には、ひやまたつみ(キャラクターデザイン)、山中隆次郎(原案・脚本)、古屋光昭(NHK制作局青少年・教育番組部 チーフ・プロデューサー)、廣岡篤哉(NHKエデュケーショナル こども幼児部 部長)も出席し、同作について紹介した。

古屋光昭チーフプロデューサー

過去に宇宙設定の物語はあったそうだが、廣岡は「主要キャラクターでロボットがメインを張るのは、長い歴史の中で初めて」だという。「世界が国際化、多様化する中で、新しい異文化との出会いを面白い形で描いていけたら」と説明すると、古屋も「これまでも人形劇で子供たちに伝えてきたのは、異文化や他者の存在を知るということ。ロボットはそのことをより強調してわかりやすくするための存在」と補足した。

タイトルは、ガラピコが興奮したときに煙を出すときの擬音"プー"と、なんとなく考えた英語タイトル『ガラピコ& ハッピーピープル(ピーポー)』が由来と気恥ずかしそうな廣岡だが、ネーミングは100近い案の中から組み合わせるなどして、決めるそうで、中には安易なものもあるとか。山中は、ガラピコについても「"ガラケー"から引っ張ってきた感じ。詳しくはわからない」と打ち明け、頭をかいた。新ぬいぐるみ人形劇「ガラピコぷ~」は4月4日より放送スタート。

新着記事

小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」 [20:35 9/26]
佐藤健、好みの女性は「ダンスできる人」 - 朝井リョウと絶妙コンビ見せる [19:58 9/26]
[宮沢りえ]カルティエ総額約5億円ジュエリーに「ヒャー!」 [19:47 9/26]
[古谷一行]47年ぶり朝ドラ「楽しみ」 [19:31 9/26]
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」 [19:09 9/26]
[有村架純]「とと姉ちゃん」高畑充希からエール 「背中を押された」 [18:41 9/26]
『仰げば尊し』が夏ドラマ満足度トップ! 2位『家売る』・3位『そし誰』 [18:16 9/26]
福山雅治ライブ演出事故、所属事務所が報告・謝罪「より一層の安全管理を」 [18:00 9/26]
洋楽人気対決 - ジョージ・ハリスンのアルバム [18:00 9/26]
[亀田興毅]スーツ姿でサラリーマンに“変身” 「GABA」ウェブムービー公開 [17:00 9/26]
小芝風花、ピカチュウのモノマネ披露も「今のはなかったことに!」と赤面 [17:00 9/26]
『七人の侍』再リメイク作『マグニフィセント・セブン』が首位発進 - 北米週末興収 [16:52 9/26]
[蒼井優]東京国際映画祭に初参加「コンペに選ばれるかドキドキしていた」 [16:32 9/26]
[道端ジェシカ]複雑骨折の妹・アンジェリカの代打でイベントに 「少しずつ回復しています」 [16:09 9/26]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電

本音ランキング