関ジャニ∞安田章大が余命1年の末期がん患者役、涙なしに見られない結末に

 

アイドルグループ・関ジャニ∞の安田章大が、フジテレビ系ドラマ『フラジャイル』(毎週水曜22:00~22:54)で、2月10日放送の第5話にゲスト出演することが29日、明らかになった。主演の長瀬智也とは初共演となる。

同作は、現在「アフタヌーン」(講談社)で連載中の同名漫画が原作。長瀬演じる主人公の病理医・岸京一郎は、イケメンだが、偏屈で歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで、敵ばかり作ってしまう性格だ。しかし、医師としての技量は周囲も認める天才という、周囲とのあつれきをいとわない、岸の闘いと活躍を描く。

安田が演じるのは、末期がん患者・小早川洋行。親も彼女もいない中、余命1年と宣告されて緩和ケア科に入院し、残された時間を過ごすことになる。そんなある日、岸の部下・森井久志(野村周平)が小早川に出会うことで、岸とともに、人生の終わりが見えた時に、医療に何ができるのかを問われることに。涙なしには見られない結末が待っているという。

安田が映像作品に出演するのは、映画『エイトレンジャー2』以来2年ぶり。初共演の長瀬について「言葉の重み、身ぶり手ぶり、岸先生のひょう依…長瀬智也さんに刺激を受けた、ということよりも、長瀬さん演じる岸先生に刺激を受け、素直に演じきることができました。そして、ただただ長瀬さんのすごさを、あらためて知りました」と語る。

自身初の患者役だが、「共演者の方々のお芝居のクオリティーの高さに刺激をもらい、自分自身もどこまで小早川さんになれるか挑みました」と気合十分。「僕なりにできる全てを出し尽くしましたので、関ジャニの安田ではなく"フラジャイルの小早川"をお楽しみください」とメッセージを寄せている。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT

本音ランキング