竹宮惠子の自伝「少年の名はジルベール」刊行、タブーへ挑んだ創作秘話も

 

「少年の名はジルベール」

竹宮惠子の自伝書「少年の名はジルベール」が刊行された。

同書は少女マンガの黎明期を第一線で駆け抜けた、竹宮の半生が綴られている自伝。「24年組」を輩出した「大泉サロン」こと東京都練馬区大泉のアパートにて、仲間たちと「少女マンガで革命を起こす!」と語り合った日々や、当時はタブー視されていた少年同士の恋愛を描いた「風と木の詩」の制作秘話も語られている。

「ファラオの墓」「地球へ…」などヒット作を生み出した、竹宮の創作への思いが詰まった1冊だ。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

古舘伊知郎が『すべらない話』に参戦!「満身創痍になってしまうかも」
[08:37 6/30] エンタメ
TIS、「Nutanix Xtreme Computing Platform」の運用支援サービス提供
[08:30 6/30] 企業IT
【特別企画】LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」の各機能に迫る - チャット・無料通話編
[08:30 6/30] 企業IT
PowerColor、税別31,000円前後のRadeon RX 480搭載グラフィックスカード
[08:17 6/30] パソコン
伊達みきお、欅坂46は「娘みたい」『KEYABINGO!』MCに決定
[08:00 6/30] エンタメ

本音ランキング