基礎代謝をアップして若々しい体をつくろう - 元タカラジェンヌに学ぶ!

昔は食べてもそんなに太らず、運動したらすぐに痩せたのに……なんて声を耳にしますが、あなたも年齢を重ねるごとに痩せにくい体になっていませんか? 心当たりがあれば、それは基礎代謝が落ちているからかもしれません。

基礎代謝とは、何も活動をしなくても消費されるエネルギー量のこと。年齢を重ねるごとに、悲しいことながら自然と低下してくるものなのです。そうは言っても、基礎代謝の低下を遅らせることはできます。ただ、早めの対策が重要となってきます。

基礎代謝が落ちてくるのは加齢のせい

痩せにくい体になってきているのは、基礎代謝が落ちてきている証拠。基礎代謝が下降してくるというのは、加齢変化なのです。その下降を完全にストップさせることは不可能ですが、進行を遅らせる対策は可能です。

痩せやすい体づくりをするには「筋肉を鍛えるといい」と言われますが、それは基礎代謝が高まるからです。基礎代謝をアップするには、全身の大筋群を鍛えるべきです。

背中 (脊柱起立筋) を鍛える

基礎代謝をアップさせるには、普段使われずに眠っている筋肉たちを呼び起こす必要があります。とは言っても、ハードな運動をするわけではありません。簡単なエクササイズで筋肉を刺激することができるので、実際にやっていきましょう!

背中には脊柱起立筋 (せきちゅうきりつきん) という大きな筋肉があります。この筋肉を鍛えると基礎代謝が上がるだけではなく、姿勢がよくなって肩こりや腰痛が改善し、いい呼吸ができるようになるなどメリットもいっぱいあります!

姿勢を正して胸を張り、上体でイスに浅く腰掛けます。そして、胸のところで手をクロスさせます。

この姿勢のまま、骨盤から上体を前方に倒し、斜め45度のところで5秒キープします。

ゆっくりと元の位置に戻り、この動作を10~15回ほど繰り返します。

いかがでしたか。年を取ってから、「あの時にやっておけば良かった」と後悔する前に、この簡単なエクササイズを毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

教えてくれたのは……

大真 (おおま) みらん さん

1998年、宝塚歌劇団入団。星組に配属。若手男役として活躍。主な出演作【王家に捧ぐ歌】【ヴィンダーガルデン -春を待ち侘ぶ冬の庭園-】【Across】【コパカバーナ】 退団後は様々なジャンルのダンスを勉強。現在は【ICHIBANGAI -dance studio-】【デサントフィットネスラウンジ 目白 椿の坂】 にてジャズダンス、フィットネス講師を務める傍ら、舞台・ダンスパフォーマンス、ディナーショー等に出演・振付も手掛ける。

・撮影協力:NESTA JAPAN (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会) は、アメリカ・カリフォルニアに本拠地を置く、パーソナルトレーナーの資格認定団体です。現在世界20カ国でNESTAの資格を持ったトレーナーが活躍しています。
モデル:東 奈々さん (NESTA JAPAN)

執筆:Honu
フリーランスのライターです。サッカーをする息子を応援しながら音楽と踊りをこよなく愛し趣味に生きる母。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

人気記事

一覧

2017年7月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事