エプソン、マラソンタイムを予測できる腕時計型の「WristableGPS」

エプソンは1月28日、GPSを搭載したスポーツギア「WristableGPS(リスタブルジーピーエス)」シリーズの新製品「SF-850PB」と「SF-850PW」を発表した。ランニング時の心肺機能を測る目安となる、VO2Max(最大酸素摂取量)の推定計測機能を新たに搭載。発売は2月10日で、推定市場価格(税別)は共に3万円台後半。

SF-850PB

SF-850PW

WristableGPSは高精度なGPS機能を搭載し、走行距離や走行ペース、脈拍などを計測、記録、保存、検証できるリスト型のランニングサポートツール。SF-850PBとSF-850PWは、従来の高精度なGPS機能や脈拍センサーにVO2Max推定計測機能を追加した。

VO2Max(最大酸素摂取量)とは、体重1kgあたり1分間に体内へ取り込める最大酸素量のことであり、VO2Maxの値が大きいほど運動中により多くの酸素を体内へ取り込める。VO2Maxを計測するにはこれまで専用の計測装置やトレッドミル(ランニングマシン)などが必要だったが、SF-850PBとSF-850PWの場合は手首に装着することでVO2Maxの推定値を計測可能だ。フルマラソン、ハーフマラソン、10km、5kmの4つを想定したマラソンタイム予測機能を備える。

VO2Max計測画面

マラソンタイム予測画面

「PULSENSE(パルセンス)」シリーズの活動量計測機能を踏襲。体の動き(加速度)と負荷(脈拍)から活動量を計測することで、運動強度と消費カロリーをより高い精度で算出できる。入眠も自動検知して「睡眠モード」に自動で切り替え可能だ。

本体サイズは直径45mm×厚さ14.2mm(センサー部除く)、重さは約52g、5気圧防水対応。最大稼働時間はGPS機能使用時が脈拍計測オンで約20時間、脈拍計測オフで約24時間、時計表示時が活動量計オンで約60時間、活動量計オフで約16日間。本体カラーはSF-850PBがブラック、SF-850PWがホワイト。

なお、エプソンはレンタルサービスを一律850円で実施する『使ってみたら欲しくなる!新製品お試しレンタルキャンペーン』など、3つのキャンペーンを実施する。各キャンペーンの概要は以下のとおり。

  • 使ってみたら欲しくなる! 新製品お試しレンタルキャンペーン
    期間:2016年1月28日~2016年5月10日
    概要:全WristableGPSシリーズのレンタルサービス料金を通常の2,000円から、一律850円で実施(往復送料、税込)。レンタル後に購入したユーザーには2,000円のQUOカードをプレゼント。

  • ちょっとした夢叶えます! プレゼントキャンペーン
    期間:2016年1月28日~2016年3月28日
    概要:SF-850PBもしくはSF-850PWを購入後、応募したユーザーの中から抽選で「ヘリクルーズ+ディナー食事券」などの賞品をプレゼント。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

声優・三森すずこ、3rdアルバム「Toyful Basket」を9月7日にリリース
[22:00 6/28] ホビー
「NARUTO」のバッグ3種類、ナルトリュックを開けると頬のラインがお目見え
[21:31 6/28] ホビー
[武田梨奈]小林豊と客席を“お練り”! 360度の撮影に「初めて」と照れる
[21:16 6/28] エンタメ
[黒沢清監督&東出昌大]映画「クリーピー 偽りの隣人」語る 豪華キャストがそろい「ちょっと自慢」
[21:03 6/28] エンタメ
ざわちん、メイクで過去最大の挑戦に四苦八苦!「結構、厳しかった」
[21:00 6/28] エンタメ